私が低年収すぎる保育士を辞めて転職する際に注意した2つのこと – 評判を徹底比較!転職エージェントデータベース

私が低年収すぎる保育士を辞めて転職する際に注意した2つのこと

勤務していた保育士では手取り月収14万円程度と、かなりの低年収だっただけでなく、保育園内での人間関係にも嫌気がさして転職活動を始めました。

結果的に、有給も取りやすく年収面でも満足できる保育園に転職できたのですが、下記の点を転職活動では意識しました。

・役職手当、家賃補助など使える求人を探す
・根本的に高年収設定している保育園を紹介してもらう

保育士を辞めようと思っていた私ですが、保育士転職サイトなどで色々と話を聞くうちに「根本的な年収アップ」「手当の有効活用」など好条件求人を見つけるコツが分かってきました。

結果的に、都内で職場を移す形になりましたが、満足の行く待遇のある保育園を見つけることができて、保育士自体を辞めることなく、希望の処遇で働くことができています。

保育士の低年収求人が集まりやすいエリアと避ける方法

保育士年収が安すぎるエリアの特徴としては、保育士資格保有者が多く働き手も多いエリアなのですが、いくら低年収で募集しても保育士希望者というのは一定数いるので、経営が成り立ってしまうことにあります。

実際に私立保育園などでは、オーナーなどで経営的に成功しているところでは、数千万円単位でお金を残せていることも多いので、保育士の給料を上げても問題ないところも多いです。

それでも保育士給料を低く設定して求人募集しているのは下記が要因です。

・低年収でも保育士希望者は集まる
・保育士から独立開園する人材が少なかった

実質的には公務員保育士などは、給料設定としては圧倒的に私立保育士よりも給料面では恵まれているのですが、これは税金投入などで給料を支えているという見方もできますが、実質的には経営サイドで搾取が多いと考えるべきです。

例えば保育士あたり児童6人と想定した場合は、認可外を基準で考えると1人月額10万円と想定して、6人合計なら60万円分の費用が発生しています。

それに対して保育士への報酬が20万円前後である現状を考えると、経営側の手残りは半分以上となってきます。施設使用料などかかるのは確かですが、月額10万円前後考えても、たかがしれています。

そう考えると、多くの保育士の給料が低く抑えられている現状はおかしいというのは明白なのですが、実際に最近では認可外保育園含めて、需要が相当膨らんでいること、保育士離脱者が多く、転職希望者が少ないことから、完全な売り手市場になっています。

保育士転職サイトには需要の大きい=高年収求人が集まりやすい

適当な求人サイトの場合は、募集している保育園がどれだけ保育士を酷く扱おうと、採用コストをかけずに使い捨て感覚で保育士採用していても採用サポートをしてしまっています。

その場合は、低年収+採用コストも殆ど払わず、フリーペーパーなどで募集したりしているので非常に分かりやすく、大抵の場合で低年収です。

逆に保育士専門で転職サイトを運営しているようなところだと、求人掲載と採用時にもコストがかかるので、保育士に辞められると困る=好待遇保育士求人が多いということを意味します。

・採用コストをかける
・退職されては困る

上記のような状態にある保育園の場合は、高年収で採用した保育士を繋ぎとめておく必要があるだけでなく、有休消化などでも保育士に貢献してあげないと転職される可能性もあるので、とにかく好条件になりがちです。

逆に知り合いに紹介された保育園などの場合は、採用コストをかけなくても保育士は集まってくるという認識なので、転職後の待遇が悪かったり不満の多い職場で退職者が多かったりします。

やる気のない保育園は転職サイトには出てこない理由

上記のように、いくら案件が多くても自分が納得して入社したいと思える案件を見極めないといけないのですが、低年収求人については、殆どの場合、保育士転職サイト以外の媒体で募集されている場合を想定しておくべきです。

また面談の時にある程度、自分の希望条件などを伝えられる環境になるかなども重要なのですが、保育士転職サイト経由で募集していないようなところは、保育士は腐るほどいるという前提で話を進めてくるので、恐らくは希望条件なども聞いてくれないと思います。

またコンサルタントはその時の希望に沿って、保育士求人の紹介をしてくれるので、実質的には何もしなくても好条件求人のみ紹介してもらえる前提で転職活動は進めたほうがいいです。

ただ、保育士転職サイトでも、やる気のないコンサルタントが多いところも存在しているので、下記の点には注意するべきです。

・担当者が希望を聞かずに求人紹介してくる
・保育園の雰囲気を聞いても知らない

多いのが希望年収だけ聞いて、あとは勤務地なども広範囲に適当に保育園や幼稚園を紹介してくるパターンです。

保育士求人の場合は「年収」「勤務地」「認可、認可外」などの3つほどの要素で求人候補があるので紹介される量も多くなるのですが、逆に何百件も保育園を紹介してきても、実際にどれを選べばいいのか分からないです。

そこに、手当を如何に多く貰うか、住宅手当であったり、保育士を厚遇している企業だったり、認可外保育園、認可保育園関係なく、20件前後の保育士求人をピックアップしてくれるサイトを使うのが最適だったと感じています。

好待遇で保育士転職するのに有効だったサイトについて

ここでは、最後に保育士転職で「保育士を大切にしている」「見合った報酬や環境を提供している」求人紹介を徹底しているサイトについて、私が利用した範囲内ではありますが、まとめておきたいと思います。

下記の条件を満たすかどうかで、私なりに判断をしています。

・有休消化など優れた求人が多いか
・根本的に高年収設定か
・転職時のサポートは信用できるか

有休消化などについては、経営者が保育士を大切にしていれば、保育士だけでなく普通の会社でもそうですが、有給は労働者の権利で付与は勿論行使についても奨励してくれるところに転職するべきです。

高年収については、人によって基準は異なると思いますが、地域では〇〇万円が相場だから〇〇万円で設定しているという理念のない保育園ではなく、設定している保育費に応じて、適切な基準で給料設定している求人を指します。

また保育士転職では、人気の保育園というのは児童からの人気が高いだけでなく、常に働きたいと考えている保育士からも人気が高い職場になりがちです。

その場合は、当然高年収の保育士求人は争奪戦になりますし、的確にアピールできた保育士が内定を取ってしまうので、選考時の対策サポートでも信用できるサイトを使ったほうがいいので、利用してみて個人的に信用できると感じたかどうかも記載しています。

1位:マイナビ保育士

職場環境〇
高年収〇
サポート〇

一番有名なサイトだと思うのですが、大手マイナビ運営ということもあって、取引先の保育園、幼稚園から「保育士」採用にコストをかけて誠実に採用活動をしている求人が多いと感じました。また人気求人が多く集まってしまう関係からか、転職対策のサポートも具体的な指示が多く、前職の保育園で働きながらの忙しい中でも、効率的に転職活動を進められました。

2位:保育士バンク

職場環境△
高年収△
サポート△

周囲でも利用している人が多かったので、利用した保育士求人サイトなのですが、転職が決まったという話は、それほど聞かないものの多くの保育士が登録していることもあり、求人数自体は多いと感じました。マイナビ保育士と同時に利用してみて紹介保育園が被らないこともあったので、サブ的に利用してみるのでいいと思います。

3位:保育のお仕事

職場環境△
高年収×
サポート△

保育のお仕事は、そこまで相性が合うサイトではなかったのですが、フリーペーパーで募集されているような大衆的な保育園求人の募集が多かったように思います。転職サポートを期待するよりは、求人紹介で他サイトで漏れがないかどうしても確認したいときに利用すればいいと思います。

4位:保育ひろば

職場環境△
高年収×
サポート×

有給消化などはしっかりとルールが整備されている保育園などのリクエストであれば、聞いてくれる可能性は高いようですが、結局は転職決定までは至りませんでした。

5位:ほいく畑

職場環境×
高年収×
サポート×

知り合いに利用者がいたので利用したのですが、殆ど他サイトで紹介済みの案件が多かったり、転職サポートも利用しなかったので、積極的に利用しなくても問題はありませんでした。

保育士自体を辞めようと思い、転職活動を進める中で、いくつかのサイトを使って「保育士」求人を探してみましたが、上記のように低年収求人しかないと思っていた保育士業界でも、やはり人手不足から優良保育園は保育士採用にもコストをかけ始めているため、私が就職活動をしていた2010年代初期と比べると圧倒的に待遇は改善してきているように感じています。

フリーペーパーなどで求人を探すくらいしか方法がないと思っていた以前と比較しても、直近では業界全体で保育士の争奪戦に発展しているので、上手く波に乗れて転職できて悪くなかったのではと思います。

今後は、現在の職場でも満足はしているものの、機会があればさらに好待遇の企業内保育士なども検討しようと考えていますが、引き続き情報収集は継続していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加