エージェントに話すべき内容 – 評判を徹底比較!転職エージェントデータベース

エージェントに話すべき内容

エージェントとの面談では、相談できるという立場上、ついつい現職の愚痴が多くなってしまいがちです。

ゆうすけも初めは現在の会社でどれだけ苦しんでいるか、アピールしてしまいましたが、後からそういう内容は話すべきではないな、と思いました。というのも、エージェントは候補者の後見人である以上、あまりストレス耐性が無くすぐ辞めてしまいそうな人材を企業に送り込みたくないからです。

転職理由はポジティブ90%

転職したいという理由は何ですか?という質問をエージェントはよくしてきます。これに対しての回答は、ポジティブ90%、ネガティブ10%くらいでいいと思います。

ポジティブ90%のほうでは、本当はこんな仕事がしたい、そのほうが向いている、得意だから転職したいという内容を話すべきです。これは企業が採用する時に、候補者のメンタリティ、キャリアパスなどを把握しやすい内容です。

ネガティブな理由10%はエージェントの動機づけに使う

ネガティブ10%の方では、今転職しないといけない理由のアピールに使います。例えば、営業という仕事は採用時に希望していたものとは違う、能力が発揮できていないと毎日感じているから、早く転職したい、等です。

早く転職したいアピールをすれば、エージェントは、あなたは早く転職が決まりそうな候補者だと思ってもらえます。転職に強いモチベーションがあると判断してもらえるのです。

これは意外と重要で、エージェントにとっていくら手をかけて良い案件を紹介しても、候補者が内定を辞退などしてしまうと、エージェントはお金が入ってきませんし、採用企業であるクライアントとの信頼関係が損なわれるなど、損害が出ます。

そのため、エージェントと候補者の間で、転職への動機がどのくらい本気なのか、共有しておくことは非常に大切なのです。

職種への拘りをしっかりと説明する

例えば、未経験だけどマーケティングを希望したり、企画を希望したりする候補者には、エージェントは必ず理由を聞きます。

それは、その候補者がどれだけその職に転職したいのか、熱量を知りたいからです。動機が強い候補者のほうが、案件を紹介しやすいです。それは、面接の通過率もそうですが、通過次に心変わりされないためです。

エージェントをしっかりと味方につけるには場数も必要

エージェントに自分の状況をしっかり説明できるようになるためには、ある程度の準備も必要ですが、実際にエージェントと話す機会を多く作ることも重要です。

複数のエージェントに登録して、面談の機会を多く作ることもひとつの手です。上手くエージェントを味方につければ、新卒の就活と同じで便利なリクルーターとして活躍してくれると思います。

口コミ評価の高いエージェント1位「マイナビエージェント」

>>マイナビエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.5/5.0 4.2/5.0 4.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント2位「リクルートエージェント」

>>リクルートエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.3/5.0 4.1/5.0 4.1/5.0

口コミ評価の高いエージェント3位「DODA」

>>DODA(インテリジェンス)公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.8/5.0 3.8/5.0

口コミ評価の高いエージェント4位「JACリクルートメント」

>>JACリクルートメント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.2/5.0 3.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント5位「ワークポート」

>>ワークポート公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
3.2/5.0 3.1/5.0 3.0/5.0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 × = 四十