書類選考は”職務経歴書”が全て、最高の職務経歴書を用意する

書類選考は”職務経歴書”が全て、最高の職務経歴書を用意する

転職活動するなら、絶対に避けては通れないのが書類選考ですよね。特に営業が嫌で転職するようなコミュ障にとっては、職務経歴書で如何にアピールできるかで、面接の成否が変わってきます。

職務経歴書で気をつけたこと

2枚にまとめました

1年しか働いてないので、正直あんまり書くこともなかったのですが、シンプルに書きました。読む側からしたら、ダラダラ長い論文みたいな職務経歴書を送っても困るだろうな、と思ったからです。

人事も沢山経歴書が送られてきて大変でしょうから、シンプルな端的にまとめられた経歴書のほうがよいですよね。

流れがある経歴にする

履歴書と職務経歴書は違います。転職活動する前は全然知らなかったんですが…w

何が違うかというと、履歴書は単なる事実ですね。どこの大学卒業とか、どこの会社で何年働いていたかとか。客観的な事実のみ書いておけば良いんです。

問題は職務経歴書です。これは書き方によってどうにでもなります。どんなことをやってきて、どんなことが今できるようになっているのか?を理路整然と書いてあげるのです。

ただ、ゴチャゴチャ作文みたいに書いても誰も読んでくれません。第二新卒の場合、ポテンシャルを上手く伝える話がよいです。

いかに真面目に営業に取り組んだか、その成果、今はこんなことが出来るようになった、で次のステップとして○○をやりたい、って感じですね。ネガティブな話は絶対に書かないでください。

営業1年やってました、しか書くことないけど…

ゆうすけもそうでしたが、職務経歴書に書けそうなネタって第二新卒の場合、あまりないですよね。ですが、ネタは見つけて書かないといけません。

どうしたらいいかというと、研修の時のことから書いてあげたらよいです。

研修ではチームで営業をやって1位になった。とか、プレゼン大会では入賞とか。成果を書くときは、必ず何を努力、工夫した結果か書いてあげる。

本配属後のことも、どんな仕事内容だったのか、丁寧に書きます。クライアントは中小企業か個人か、どんな商材を扱っているのか。どんな工夫をして売っているのか。エクセルやパワポは使っているのか。

自分の仕事を知らない人が読んでも分かるようにまとめてあげました。

というわけで、第二新卒でも経歴書と書き方はいかようにもなりますし、書き方次第で上手くアピールできます。偉そうに今語りましたが、全部エージェントに聞いたことなので、分からなくてもエージェントに教えてもらいながら進めれば問題ないと思います。

口コミ評価の高いエージェント1位「マイナビエージェント」

>>マイナビエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.5/5.0 4.2/5.0 4.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント2位「リクルートエージェント」

>>リクルートエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.3/5.0 4.1/5.0 4.1/5.0

口コミ評価の高いエージェント3位「DODA」

>>DODA(インテリジェンス)公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.8/5.0 3.8/5.0

口コミ評価の高いエージェント4位「JACリクルートメント」

>>JACリクルートメント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.2/5.0 3.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント5位「ワークポート」

>>ワークポート公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
3.2/5.0 3.1/5.0 3.0/5.0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


三 × 6 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>