ヤクジョブに悪い評判の求人はあるか?実際に利用して感じたこと – 評判を徹底比較!転職エージェントデータベース

ヤクジョブに悪い評判の求人はあるか?実際に利用して感じたこと

yakujoヤクジョブだけでなく薬剤師転職サイトを利用する際は「しつこい電話連絡で業務を妨害されない」「優良求人のみ紹介」してくれるサイトに絞って利用を進めました。

殆ど誰も応募しないような悪評のある薬局求人は避けて、下記のポイントにも注視しました。

・電話連絡が多すぎないか
・不人気求人を押し付けてこないか

ノルマのために異常な頻度で連絡してくる転職サイトは絶対に利用しないようにして、ヤクジョブ含めて、実際に求人の質を判断して利用したことで、希望に近い転職ができたと感じています。

好条件の薬剤師求人が多かったサイトについて

登録すると「しつこく」電話連絡してくる薬剤師転職サイトは多く、そうしたサイトは一定期間利用してから登録解除していきました。

その後「電話連絡がしつこくない」「好条件の求人のみ紹介」がある薬剤師転職サイトを探して利用したのが、下記マイナビ薬剤師で、希望通りに転職しました。


>>マイナビ薬剤師公式サイト(無料登録1分、履歴書不要)

マイナビ薬剤師では「職務経歴書」「面接対策」などもサポートが充実していて、忙しい業務の合間でも効率的に転職活動が進みました。

他の薬剤師求人サイトと違って、しつこい電話連絡もなく、自分のペースで転職活動ができたことで、希望の内定に繋がったと感じています。

ヤクジョブには評判の悪いブラック薬局などの紹介は多いのか?

長年勤務した総合病院から調剤薬局の薬剤師に転職する際に「ヤクジョブ」を利用しましたが、タイミングが悪かったのか、紹介求人に惹かれる点が少なく利用中止しました。

私がヤクジョブを上手く使いこなせなかったのは、下記のような理由がありました。

・派遣薬剤師求人の紹介が中心
・単発バイトも多め

ヤクジョブ登録解除後に利用した他の薬剤師転職サイトで希望通りに転職しましたが、私のような常勤薬剤師の場合は、ヤクジョブは利用しなくても問題ないと感じました。

結論からいうと、ヤクジョブではブラック薬局といえるほどの評判の悪い求人はありませんでしたが、人によっては不満は感じる部分もあると感じました。

単発や派遣の短期求人が多い傾向があったヤクジョブを利用し続けていたら、正社員薬剤師恐らく満足のいく転職は出来ていなかったと思います。

私は転職前は、新卒で総合病院内の薬剤部に入局したのち、長年の間、内科、整形外科、リハビリテーション科、婦人科、皮膚科の外来の処方箋監査と院内の入院患者さんへの調剤業務を行っていました。

10年目を越えベテランになってからは薬局長の下に着く主任として、8人の薬剤師を統括していました。

院内でのカンファレンスにも積極的に参加し、ドクターや看護士、検査技師などの医療スタッフと話す機会も増え、忙しいながらもとても充実した日々でした。

そのタイミングで転職を決めたわけですが、初めての薬剤師転職サイトとして利用したのがヤクジョブで、求人数が業界でも多めとの評判を見て、何となく利用を開始しています。

ヤクジョブの利用のデメリット

ヤクジョブ利用前の私の転職理由ですが、すべて順調でこのままずっとこの総合病院で働くつもりでいたのですが、ある年、主人の仕事の関係で九州への転勤が決まり、私も転職を余儀なくされてしましました。

そのような理由で長年勤務していた病院を退職し、新天地での仕事先を探しし始めることになり、ヤクジョブに登録することになりました。

私の場合は、実は専業主婦と迷った挙句、やはり薬剤師として新しい土地でも頑張ってみようと、転職活動を始めています。

引っ越しを終え、これからどうしようかと思っていたところ利用したのがヤクジョブなので、それなりに期待していましたが、デメリットとして下記を感じました。

・求人数は多くても不人気求人が多い
・コーディネーターと相性が合わなかった

希望していた条件での求人紹介は難しいだろうとのことで、そこまで期待していなかったものの、具体的な求人紹介が始まると、予想以上に条件面で満足できず、一度別の転職サイトも使ってみようと思うようになりました。

その後利用した他の転職サイトとの比較

転職先の調剤薬局は別の転職サイト利用開始後にすぐに見つかり、近くの調剤薬局に求人が出ていることを知り、応募してみることにしました。

実は病院での求人を探すことを考えたのですが、通勤の時間が短いこととお給料の面が魅力的でしたのでこちらに決めました。

年齢がネックになるのではと少し心配しましたが、病院でも経験を買われ、むしろプラスに働きました。

何故初めからヤクジョブでは、その該当求人を紹介してもらえなかったのかと思っていたのですが、ヤクジョブは提携している一部の薬局の求人を希望条件とは関係なく紹介する傾向があるようです。

私が希望していた業務内容通り、現在の職場は市民病院の門前薬局の形を取りつつも、夜の20時まで開いていること、駅前からほど近いこともあり、朝から夜まで近隣の複数の病院の処方箋がくる薬局です。

薬剤師8名と事務員5名の13名で、全員が女性で、私にとっては初めての調剤薬局勤務でしたが総合病院に勤めていた時の知識がありましたので、薬のことについては特に問題はありませんでした。

病院と違うところは在宅医療を行っているところで、最初の1か月半ほどは一緒に他の薬剤師の方と一緒に訪問して顔を覚えていただき、その後ひとり立ちして5名の患者さん宅へ在宅医療が私の受け持ちになりました。

この辺りもヤクジョブでは希望条件に少し入れて話していたのですが、そうした職場は恐らく見つからないだろうとのことで、現実的に母数の多い薬局求人を紹介されていました。

ヤクジョブを登録解除してよかったこと

ヤクジョブの登録解除後に利用していった他の転職サイトでは、基本的には、こちらの条件に沿うような求人を必ず5件前後持ってきてくれました。

それと同時に、年収、職場環境などで担当カウンセラーが個人的にお勧めの案件も持ってきてくれたので、理想と現実のギャップを見極めたうえで、薬局選びができました。

例えば、今は高齢の患者さんが中心のため、一包化やマーゲン・チューブ用の散剤の処方が中心です。

また経腸栄養剤が処方されることも多いので、体力も結構いります。このように、在宅医療の分野では新しい発見の連続で、ヤクジョブの場合はこうした詳しい説明はありませんでした。

ちなみに、女性の方は特に配偶者の転勤などで転職をする機会があると思います。

自分の意志ではない形でこれまでのキャリアを捨てることに不満を感じる薬剤師も多いと思います。

私の場合の在宅医療への初挑戦のように、これまで知らなかった種類の職場に飛び込むことで、前の職場では味わえなかった新しい挑戦が始まるので、やりがいを感じる仕事はどんな土地に行っても見つかります。

ヤクジョブであった象徴的なアドバイスとして、病院でなければ、大手のドラッグストアでなければ、完全週休二日制でなければなど、条件やこだわりを持ちすぎていると、転職先はいつまでたっても決まりませんといったものでした。

ヤクジョブは大手調剤薬局への転職では使えるのか?

ドラッグストアの調剤併設店から大手調剤薬局へ転職する際にヤクジョブ利用した転職記録です。

転職前は小型のドラックストアの調剤併設店で働いていて、同じ敷地内にあるスーパーマーケットを利用するついでに立ち寄る顧客がほとんどで、OTC薬の販売がメインでした。

近くの歯科医院の処方箋が舞い込んでくることもありましたが、多くても一日に10枚程度に留まっていましたが、薬剤師の資格を持っていたのは私一人で、他は薬剤師免許を持たない従業員でした。

ヤクジョブを利用した理由としては、私は薬剤師とはいえ、パートやアルバイトの人達に混じって品出しもしましたし、レジ打ちも行っていたことに不満を感じて転職を希望したためです。

・特定の大手調剤薬局しか紹介がない
・大手以外の求人が少ない

また、年齢が上の人がほとんどでしたが、私一人が薬剤師ということで立場上、上に立つ形となり、職場の人間関係はなかなか難しいと言った点もヤクジョブでは相談しました。

経歴書など徹底的なサポートがなかった点について

ヤクジョブの担当には、ドラッグストアの調剤併設店とはいえ、入社した時はもう少し調剤をする機会があると思っていたと相談しました。

いずれは調剤をメインに働きたいと思っておりましたので、OTC薬の販売ばかりやっている自分に焦りを覚えてというのが転職理由だったので伝えました。

ヤクジョブの担当からのアドバイスとしては、あまり年を取ってからだとドラッグストア勤務からの転職は難しくなるのではないかという不安があるとのことで、転職をするのなら早い方がいい、20代最後の年に転職してしまいましょうということで利用を開始しました。

ただ、利用を開始して感じたのは、とにかくドラッグストア以外の求人を紹介されるだけということでした。

経歴書なども実際に転職する際には必要になりますし、私がどんな仕事を行ってきたのか、担当にあまり伝わっていないのではと思いました。

求人紹介をもらっても、どう考えても私の経歴からは通らないだろうという職場での求人ばかりで、案の定応募しましたが、書類選考で落とされました。

結局、ヤクジョブでは満足のいく転職サポートが受けられず、別の転職サイトを使うことを決めてある程度満足できる職場に転職することができました。

現在、調剤業務がメインの大手の調剤薬局に転職した私は、経験者だということでいきなり実地の服薬指導にあたることとなりました。

前職の調剤業務では歯科医の処方がメインだったため、抗生物質や解熱鎮痛剤などの決まった処方が多かったのですが、さすがは大手の調剤薬局で応需する診療科が豊富で知らない薬の処方箋ばかりで、最初は服薬指導の前に毎回添付文書を広げて薬効や副作用、飲み合わせなどを確認する毎日でした。

ジェネリックの使用にも積極的に取り組んでいる薬局で、学ぶべきことはまだまだありますが、薬局長をはじめとした先輩薬剤師のサポートがあり、ようやく一人前になってきたところです。

私がヤクジョブを退会してから転職するまでの感想

転職したいと考える時に気になることのひとつに年齢が挙げられると思いますが、ヤクジョブでは上手く早く転職させるための口実に使われた印象があります。

求人票には特に年齢制限のような記載はありませんが、実際に20代後半で転職してみた経験上言えるのは、有利な条件で転職がしたいと思えば、やはり30代前半ぐらいまでに転職したほうがいいということです。

ヤクジョブではアドバイスがありませんでしたが、30代までに自分にあった職場を見つけてそこでじっくりと腰を据えてキャリアアップしていくのが一番いいやり方だと思います。

私の場合、調剤の経験がまだ浅いこと、それが原因で大手の調剤薬局での調剤業務にあたることに不安を感じていることを面接の時点で正直にお話しました。

「即戦力にならないので、不採用になってしまうのではないか」と心配しましたが、それは私の杞憂に終わりました。

むしろ前もってお話しておいたおかげで、新卒薬剤師向けの研修会に特別に参加させていただけるよう配慮してもらえました。

本当に薬剤師のことを考えてくれる薬局ならば、こういったサポートを受けられるため、これだけは外せないといった条件がある場合は事前に相談しておいて損はないと思います。

口コミ評価の高い薬剤師転職サイト1位「マイナビ薬剤師」

>>マイナビ薬剤師公式サイト(登録1分、履歴書不要)※正社員転職に強み
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.6/5.0 4.2/5.0 4.2/5.0

口コミ評価の高い薬剤師転職サイト2位「ファルマスタッフ」

>>ファルマスタッフ公式サイト(登録1分、履歴書不要)※パート・派遣に強み
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.1/5.0 4.0/5.0 4.0/5.0

口コミ評価の高い薬剤師転職サイト3位「リクナビ薬剤師」

>>リクナビ薬剤師公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
3.9/5.0 3.6/5.0 3.8/5.0

口コミ評価の高い薬剤師転職サイト4位「薬キャリ」

>>薬キャリ公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
3.2/5.0 3.3/5.0 3.3/5.0

口コミ評価の高い薬剤師転職サイト5位「ヤクステ」

>>ヤクステ公式サイト(登録5分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
3.0/5.0 2.7/5.0 2.8/5.0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加