在職中に内定取れなかった私がハローワークは使わず退職後に転職するまで – 評判を徹底比較!転職エージェントデータベース

在職中に内定取れなかった私がハローワークは使わず退職後に転職するまで

PAK85_coding15095904-thumb-815xauto-18356
28歳で営業職として現在の会社に転職した私ですが、初めての転職だったこともあり「在職中に転職するべきか」「退職後に転職するべきか」色々と迷いました。

結果的には、満足できる職場に転職することができたと感じていますが、下記の点は意識して「退職後」「在職中」どちらで転職をするべきか決めました。

・貯金は十分にあるか
・転職先にはどのくらい妥協できるか

失業手当は退職して4か月目に初めて貰えるため、それまでは「住民税」「国民健康保険」など税金の支払いを無収入で支払い続ける必要があったので、私は在職中に内定だけ取り、退職後に本命で内定を獲得しました。

在職中に使い倒したサポート力の高いエージェント

私の場合、在職中に行ってもよいと思える会社で内定を取るために、転職エージェントを使い倒しました。

「書類作成、添削などサポートが充実」「ホワイト企業の求人が多い」エージェントを探して利用したのが下記のエージェントでした。

thumb_mynavi-agent_jp
>>マイナビエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

まず在職中に一番厄介な「書類作成、添削」をしっかりとサポートしてくれて、紹介求人も実際に働きたいと思えるホワイト企業の求人が多かったです。

転職希望者は忙しいことを前提の上で色々な配慮をしてくれるので、在職中でも上手く内定獲得することができたと感じています。

税金や保険を把握

ハローワークを利用しないほうがいい理由としては、担当者それぞれに特に高いモチベーションもないため、連絡対応が遅かったり、いつまでも転職先が決まらない可能性が高いからです。

基本的に「退職後」に転職活動をする場合は、退職後の2か月~3か月間は貯金を崩して、生活費と税金を払う必要があるので貯金額次第ですし、転職先に妥協できるかも「在職中」「退職後」に決める重要な要素になります。

現在の会社への転職の際には、会社を辞めてから転職活動をしていました。新卒1年目で辞めてから、大学の同期の何人かから転職相談を受けることが多かったのですが、一番質問される内容は今すぐ辞めた場合、失業保険は貰えるのかというものでした。

しかし、辞める際に気になる失業保険などの貰えるお金だけでなく、退職後に支払わないといけないお金の説明をすると皆驚いていました。そこで、今回のエントリでは転職活動を始める前に退職した場合、注意しておいたほうがよい項目(支出と収入)についてまとめています。

※私は転職活動を開始したものの時間がとれず面接のアポイントがなかなか確保できなかったため、転職先を決定する前に辞めています。失業中は、働くなくていいのでドンドン時間が過ぎていきます。特に、一人暮らしなどしていると誰も相談に乗ってくれる人もおらず、はっきり言って危険です。そのため、サポートをしっかりとしてくれる転職エージェントは失業期間中こそ良き相談相手、求人紹介してくれる便利な人としてがっつりと利用するべきです。

辞める前に気になるのは、税金や保険料など月々会社で源泉徴収してくれていた費用の支払いについてだと思います。会社で源泉徴収されていた分、辞めた後いくら毎月払えばよいのか私はよく分かりませんでした。私はあまり考えずに、とりあえず辞めてしまったので、後から剤金額を知って驚いた経験がありますので、皆さんに知っていただきたいです。普通の会社員が払っているのは大きく言うと下記の3つです。

住民税

住民登録している市区町村に払う税金です。年収500万くらいで月18000円くらい払っている払っているはずです。

健康保険

保険証を利用するための会費だと思うと分かりやすいと思います。平均給与によって月の金額が決まるのですが、年収500万円で月3万円程度です。健康保険は、在籍中は会社が半分払うことになっているので、実質的に支払っているのは約1万5千円程度という事になります。

年金

企業に勤めていると、国民年金ではなく厚生年金保険に加入することになっています。厚生年金と国民年金の違いは簡単にいうと、厚生年金=国民年金+厚生年金です。厚生年金に加入していると、国民年金も払っているし厚生年金も払っているという状態になります。国民年金の基本料は月1万6千円程度、厚生年金分は年収500万円なら1万8千円程度です。ちなみに、退職すると厚生年金は自動的に国民年金に切り替わりますので、月1万6千円(所得によって変動しません)となります。

退職後の月々の支払いはいくらくらい?

今紹介した3つの税金を合計すれば年収500万円の場合で、退職後支払うべき費用は、住民税(2万円)+健康保険(3万円)+国民年金(1万6千円)=6万6千円程度が月々に払う金額となります。意外と高いですよね。収入なしで毎月6万6千円を払い続けるのは、非常に苦しいです。

私の場合は、辞めてから150日程度無職でした。そのため、自分の貯金から約5ヶ月間×6.6万円=33万円程度払ったということになります。ちなみに、私の年収が500万円という事ではありません。私の場合は、無職期間が長かったので、この金額になっていますが、普通は3か月以内には転職先が決まる傾向があるようですので、20万円程度あれば税金などの支払いについては、問題ないと言えるでしょう。

とはいえ、退職後は会社からの収入が基本的には0円になりはしますが、失業保険という制度があります。退職して、一時的に無職状態になってしまった人に給付金を与える制度です。個人的には、この失業保険を月々の支払いに充てようと、20万円程度の貯金もない状態で退職することはお勧めしません。失業保険は、金額的には毎月問題なく生活する程度にはお金がもらえるのですが(13万円前後~)、給付日が読みにくく、もしも手続き不備などで期日通りに給付されなかった場合などは、痛い目をみますのでその辺の話もしておきます。

失業保険の注意点

転職先を見つけずに先に退職する場合、充てにしたいのが失業保険です。私も辞める前に月額いくらもらえそうか、事前に計算してました。失業保険は年収に応じて、毎月13万円~貰え、失業中の唯一の収入源となります。とはいえ、実際の給付に関しては多くの注意点があります。

失業保険の待機期間について

いざ仕事辞めて受給しようと思ってもすぐに受給できません。失業保険の手続きは、ハローワークで失業保険の手続きをしてから7日間が待機期間となり、その期間はお金がもらえません。7日間なら余裕だと思いきや、通常自己退職した人はさらに90日間待機期間があり、90日後から受給対象の失業期間となるのです。失業手当の振込みは、その後さらに30日程度かかりますので、ハローワークで手続きしてから4ヶ月間は無収入の状態となります。つまり、先ほどの例で言うと、年収500万円の人は6万6千円×4ヶ月=26万4千円はキャッシュがないと税金の延滞するしかなくなってしまいます。

失業保険で自己都合退職の場合

自己都合退職というのは正社員で自分から退職を申し出る場合のことです。この場合、先ほどの通り、7日間+90日間の待機期間が発生するので、給付が手続きから4ヵ月後となります。多くの人はこのケースです(私もです)

失業保険で会社都合退職の場合

これは会社からクビになった場合、適用されるケースで、7日間の待機期間のみで給付対象期間が始まります。ハローワークで手続きしてから37日後くらいに始めの給付があります。ちなみに、首でないケースでも、契約社員が任期満了の場合、下記の条件を満たせば会社都合退職となります。


・被保険者期間が過去2年間で通算して12か月以上
・3年以上その会社で勤務していない

基本的に正社員であれば会社都合のケースは殆ど適用できないといえます。会社が倒産したとか、会社で暴力を受けたとか、特殊な事例がない限り、会社都合には基本的になりません。自己都合退職が基本となりますので、給付開始が早くなるのではないかなど期待は持たないほうがよいです。

会社都合退職にするための準備

ただし、正社員が退職する場合でも、会社都合退職が適用されるケースがあります。そのケースというのが、月45時間以上の残業が、退職前の3ヶ月間で続いた場合です。これは、本人の申告ベースではなく、しっかりとした証拠が必要です。

基本的に多くの会社でタイムカードがあると思いますので、3ヶ月以上45時間以上の残業を行った記録を準備します。ハローワークで失業の申請をする際に提出することで、会社都合にできる可能性があります。あくまで、判断はハローワークで行うため、絶対に会社都合になる方法ではありませんが、いつも残業が多い人にとっては、非常に有効な手段であると言えます。私は、残業が多かったので、45時間3ヶ月は事実上クリアしていましたが、タイムカードをつけていなかったため、証拠になりませんでした。証拠は重要です。

失業保険の認定日の注意

待機期間が終わり、給付申請のためにハローワークにいく場合も注意が必要です。失業期間中は毎月少なくとも1回(認定日といわれている)、管轄のハローワークに顔を出す必要があります。しかも、ハローワークに行かないといけない日(認定日)というものは、初めてハローワークに行った日に応じて、決まってしまいます。

こちらの都合によって、認定日は変えることができません。親族の結婚式などがあっても、認定日を変更してもらうのは非常に難しいようです。私は、海外旅行に行くために認定日をずらしてもらうように交渉しましたが、ダメでした。認定日に行けなかったからと、受給期間が減るわけではなく、次月に繰り越されることになります。ハローワークの担当者にとっては、1か月くらい受給が遅れても大丈夫でしょう、的なスタンスのため、あまり強く交渉することはできません。そのため、失業後にバケーションにいこうかなと思っている場合は(私はタイのサムイ島に退職後1ヶ月ほど滞在していました)、はじめの90日間の待機期間中に行くことをお勧めします。

私は個人的には、失業保険はセーフティネットとして機能していないと思います。90日間という待期期間は、90日間は収入なしということを意味しますし、最初の振込まで120日程度あり、4か月も無職であれば妥協してでも転職先を決めざるを得ません。転職希望者の選択肢を大きく減らしている悪習だと感じています。ブラック企業に勤めていても、失業保険が充実していない現行の状態だと、会社に残らざるをえないという人も大勢いるはずです。

失業保険をあてにできない以上は、転職先を事前に確保することが重要

転職先を決めずに辞めるリスクは、今まで説明してきたとおり、かなり沢山あります。収入がない状態で、年金・税金の支払いに対応したり、失業保険の支払いの遅さなどにイラついたりしながら、そのストレスフルな環境で転職活動を進めないといけないのは想像以上につらいと思います。私もそういったプレッシャーに耐えきれず、ビーチリゾートに海外旅行したという経緯もあるほどです。

そのため、やはり一番良いのは、在籍期間中に転職先を決めてしまう、少なくとも1つは内定を取った状態で辞めてしまうということだと思います。退職してお金の不安や無職というプレッシャーと戦いながら転職活動を進めるのは本当に辛いです。会社でのストレスとはまた違った苦しさが待っています。それであれば、在籍中に余裕をもって転職活動を進めてしまうのが一番なのです。

エージェントを秘書的に使い倒す

とはいっても、仕事しながら転職活動も進めるのは時間的に無理と感じることも多いと思います。そこで、活用すべきが優秀なエージェントだと思います。私自身は当時はエージェントの使い方は余り理解しておらず、求人を紹介してくれる会社くらいにしか思ってなかったのですが、今の会社の同期に聞くと転職エージェントに今のコンサル会社を紹介されるだけでなく、履歴書の作成や、志望動機の作成までしてもらっています。私自身も、バカンスから帰国後は転職エージェントを利用していたので分かるのですが、転職活動において面倒だと感じつ部分の90%は担当のエージェントに頼んでしまうのが手っ取り早く効率的だと感じました。

始めはエージェントに悪いなという気持ちはありましたが、エージェントも私を企業に転職させるだけで数百マンの報酬が入りますから、そこは割り切ってお願いしていました。逆にエージェント側としても頼ってもらえるほうが、そのエージェントに転職者はある程度メンタル的にコミットすることになりますので、時間を注ぎやすいと感じてくれるようです。

ここで上げたエージェント以外にも、良い評価のエージェントはあるのですが、担当エージェントの質が人によりけりだったり、セレクションが厳しすぎて使いにくかったりするので、上記2社を利用しておけば間違いないです。

口コミ評価の高いエージェント1位「マイナビエージェント」

>>マイナビエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.5/5.0 4.2/5.0 4.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント2位「リクルートエージェント」

>>リクルートエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.3/5.0 4.1/5.0 4.1/5.0

口コミ評価の高いエージェント3位「DODA」

>>DODA(インテリジェンス)公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.8/5.0 3.8/5.0

口コミ評価の高いエージェント4位「JACリクルートメント」

>>JACリクルートメント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.2/5.0 3.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント5位「ワークポート」

>>ワークポート公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
3.2/5.0 3.1/5.0 3.0/5.0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加