TOEIC750点で転職活動をしてシンガポール駐在求人で内定を貰った流れ – 評判を徹底比較!転職エージェントデータベース

TOEIC750点で転職活動をしてシンガポール駐在求人で内定を貰った流れ

sing元々は都内企業に勤務していた私ですが、2年前に「シンガポール駐在求人」を探して転職活動を進めた結果、希望通りシンガポールに転職することができました。

英語力もTOEIC750点程度の私ですが、上手くエージェントを使いながら効率よく転職活動を進めたことで、駐在求人で内定が取れたと感じています。

「ビザサポートのある求人を見つけてシンガポールに転職する方法」について、ここでは駐在員として働いている私の事例をもとに、シンガポールでのキャリアパスなど含めてまとめておきたいと思います。

利用したエージェントについて

転職を進める際は、6つほどの転職エージェントに登録して、シンガポール勤務の求人を探しました。

その中でも「労働ビザのサポートがある」シンガポール求人を紹介してくれたのは「リクルートエージェント」のみでした。

thumb_www_r-agent_com

>>リクルートエージェント公式サイト(登録1分、経歴書不要)

シンガポール駐在求人を中心に、労働ビザのサポートがある海外勤務の求人を多く紹介してくれました。

すぐの転職でなくても求人を確認できるので、シンガポールへの転職に迷っているなら、まずは求人を見せてもらうことから始めて、実際に転職するべきか決めるのがいいと思います。

私が海外転職に興味を持った理由

現在のシンガポールにあるIT企業に転職する前の会社、つまり新卒で就職した会社で働いている時から、私は海外転勤を希望していました。どの会社でも海外部門はあると思いますが、私の会社もアメリカやシンガポールに支社を持っており、定期的に人事異動はありました。私も勿論、新卒で就職活動している時から、そういった話を人事から聞かされて、非常に期待してその会社に就職しました。

内定を貰えたのですが、元々関心のあったマーケティング職を選び、実践的な英語を学びながら充実したキャリアステップを歩めています。

しかし、就職して判明したのですが、会社の暗黙のルールで、中堅~ベテラン(35歳以上)を目安に海外異動は行われるらしく、私の番が来るのは10年以上も先ということが発覚したのです。新卒での説明の時も、海外駐在は希望すれば行けるということで説明を受けていたこともあり言葉も出なかった記憶があります。家族にも相談しましたが、就職したのだから3年くらいは働いてみたら?ということもあり、何とか即退職はせず、その後2年間を営業職として働くことになりました。※海外駐在の可能性が高いと聞いていたため、営業職として働くことになる可能性の高いその企業に就職していましたが、本来はマーケティングなど担当したいと思っていました。

新卒1年目~2年目までの私の中でのギャップ
・海外勤務できていたはずなのにという悔しさ
・マーケティング希望なのに営業職をやらされた

その2年間、親や友人のアドバイスもあり、何とか3年間は働いてみようと思ったのですが、やはり精神的に苦しくなってきた私は、まずは日本から海外転職を進める方法はないか、模索しました。というのも、もしも確かに今の仕事を辞めてまで海外で働くために転職活動をするのはリスクが高すぎると感じたからです。すぐに案件が見つかるとも限りません。

私がもう一度海外転職を決意した背景
・3年働いたからと言って海外転職できるイメージが湧かなかった
・営業職でこれ以上働いてもキャリアチェンジできなくなると感じた

営業マンとしてのキャリアに限界を感じていた私は、もしも海外転職ができなくても営業以外の職に転職しようと思いました。元々興味のあったマーケティングなど企画職として働いてみたかったからです。可能であれば、海外でキャリアチェンジして働けたら最高だな、というのが当時の思いでした。英語は学生のときに、フィリピンに1ヶ月留学して少し勉強していただけで多少の不安はありました。フィリピンに行く前は、TOEICも500点くらいだったので、少し集中すれば何とかなるだろうとは考えていました。

私がシンガポール転職に挑戦しようと思った経緯

海外転職の中でも、シンガポールを選んだのは、英語圏で治安が安全な国、かつ給与水準も高いと判断したからです。それならアメリカも当てはまるのではないか?という声も聞こえてきそうですが、周りの状況を聞くとアメリカはビザ取得まで時間がかかり、ビザ取得の難易度も高いと感じたため条件にマッチするのは、オーストラリアかシンガポールしかありませんでした。下記は転職先の国を選んだ条件です。

私が転職先の国に求める条件
・英語が使える
・治安が良い
・給料水準も高い
・ビザが下りやすい

英語圏で、上記の条件を満たす国というのはオーストラリア、カナダ、シンガポールくらいしかないですね。ただ、シンガポール以外の国は、就労ビザではなく初めはワーキングホリデービザで渡航することになると想定したため、給与水準・仕事内容のレベルが落ちると判断しました。単純に海外就職するだけを考えれば、ワーキングホリデーは手軽で非常によいのですが、就職できる職種も限定される上、キャリアにならない農作業や日本食レストランなどの単純労働の仕事に就くケースも多いと聞いていました。その点、就労ビザが下りやすいシンガポールであれば、キャリステップになる職も見つかるだろうと考えて転職活動を開始しました。比較的、ネット上でも転職事例が豊富なのがシンガポールで、現実的に内定が下りる可能性が高いと判断しました。※アメリカはアメリカ大学した人や、日本から駐在で行く人しかいない印象があります。

しかし、シンガポール転職の具体的なノウハウが分からなかった

挑戦する決意をしましたが、シンガポール転職にあたって何から始めたらよいか分かりませんでした。そのため、まずは求人案件がどのような条件なのかリサーチすることで、私が転職できそうな求人の条件について探ってみることにしました。早速、Googleで「シンガポール 求人」で検索しましたところ、何件か転職エージェントがヒットしてきました。その中から、ネットでの評判をリサーチして、私がピックアップしたのが、下記の3つのエージェント(サイト)です。

私が使ったエージェントの評価と一覧

・リクルートエージェント
thumb_www_r-agent_com
http://www.r-agent.com/
駐在案件数:〇
レジュメ対策:〇
インタビュー対策:〇

国内転職では最も規模の大きい転職エージェント。シンガポールにもオフィスがあり、日系のエージェントとしては最も海外転職に力を入れていると感じた。日本でもオフィスが多数あり、シンガポールオフィスが集めた求人が日本オフィスに回ってきている。現在の仕事を続けながら海外求人に応募でき、転職活動を進めることができる。グローバル人材求人が多く集まるため、優先的に海外求人を紹介して貰いやすいです。また、人材会社に勤める友人に評判を聞いても、レジュメ・インタビューサポートともに丁寧に指導してくれるエージェントが多く、サービスの質は高いとのこと。私の案件もこのエージェントから来て、内定を貰いました。

・DODA
http://doda.jp/
駐在案件数:△
レジュメ対策:△
インタビュー対策:×
国内エージェントだとリクルートエージェントの次に有名なエージェントなので登録してみたが、意外と日系企業のシンガポール駐在求人を持っていて複数紹介してくれた。他にもアメリカ、カナダなどの海外転職の案件も若干扱っている。リクルートエージェントだけだと不安だったので、サブエージェントとして登録してみた。

・JACリクルートメント
http://www.jac-recruitment.jp/
駐在案件数:×
レジュメ対策:×
インタビュー対策:×
国内だと外資系への転職で有名なJACですが、シンガポール駐在求人もあれば紹介して貰えればと登録したが、全く求人紹介をしてもらえなかった。というのも現地採用が中心であり、駐在求人は殆どないようで、シンガポールで現在働いている人のみ対応しているようだった。

・Monster
http://www.monster.com/
駐在案件数:×
レジュメ対策:×
インタビュー対策:×

レジュメを登録すると、興味を持ったエージェントから電話やメールで求人を案内してもらえるサービスです。世界中のエージェントから電話がかかってくるようです(優秀なレジュメを登録できればの話ですが・・・)。基本的には、マッチングサイトなので全て自分の力で何とかしないといけません。

他にも個人で運営されている転職エージェントも沢山ヒットしてきたのですが、ホームページの作りがあまりに酷かったり、更新がほとんどされていなかったりと信用できなさそうだったので、小規模のエージェントは避けました。ただ、1社だけ信頼できそうなホームページのエージェントに登録したのですが、登録完了後メールが自動で来ただけで、エージェントから直接連絡が来ることはありませんでした。その時点で、自分のレジュメも添付していたので、音沙汰がないと困ります。その点、おおてのリクルートエージェントなどは、登録時に履歴書の添付の必要もなく、登録自体も5分程度で終わるので安心して利用できました。

上記のリストだと、皆さんはリクルートエージェントとJACはご存知だと思います。大手エージェントの中で、海外案件にも強い2つのエージェントです。この後、実際に来たメールなどを踏まえて説明しますが、案件紹介が非常に迅速で、好条件の求人案件を多数提案してくれました。

一方で、Monsterは日本ではあまり知名度が高くないサービスだと思います。Monsetrはレジュメ登録を通じて海外のエージェントからスカウトが来たり、逆に全世界の求人案件を閲覧することができるサービスです。登録者はレジュメを始めに登録することで、世界中の転職エージェントが登録者のレジュメを閲覧できるようです。アメリカ人やシンガポール人が転職するときは、Monsetrは登録必須のサイトと評判を聞いたので、Monsterは試しで登録してみました。

ちなみに、Monsterには類似のサービスで、Indeedという似たサイトもありましたが、求人のデータベースは大して変わらないようだったので、敢えて登録しませんでした。このように日系の大手エージェント2つと、始めてのチャレンジとしてMonsterに試しで登録してみました。この3つに登録してシンガポール転職を進めることにしました。

初めての求人案内は大手企業シンガポール支店から

登録して4日くらいたったころ、リクルートエージェントから連絡がありました。非常に早い案内で驚きました。リクルートエージェントは、他のエージェントでは自動で送られてくるメルマガ形式の求人紹介ではなく、担当者(担当エージェント)から直接メールが来て求人案件を紹介してくれます。マイナビなど新卒採用の時に登録していたサイトとは違って、リクルートエージェントは目ぼしい求職者に、一本釣りといった感じでメールを送ってきてくれます。下記に、実際に来たメール内容を紹介しています。

〇〇様

今回ご紹介したい案件は下記です。

・会社名:●● Inc
・ポジション:経営企画(Business Planning)
・勤務地:シティ

備考

1:面接(スカイプ面接、またはシンガポール)希望日時(平日○時から○時まで等)
2:勤務開始可能時期
3:希望給与
4:ご自身のExcelスキルをお知らせください(表計算、グラフ作成、ピボットテーブル、マクロ、、、など)

ご質問等ございました時には、ご遠慮なくご連絡ください。

また他にもホームページ、メールマガジンなどで
興味のあるお仕事がございましたら、お問い合わせください。

上記のような形式で求人紹介を私個人に向けたメールで送られてきました。シンガポール転職を決めてから、それほど時間も経過していなかったせいか、リクルートエージェントに登録してから、実際に求人紹介まで1週間もかかりませんでした。シンガポール転職を決めたものの、案件探しは難航するだろうと覚悟していたので、意外とあっさり初めての案件紹介があったので衝撃を受けたのをよく覚えています。海外の求人って本当にあるんだ・・・と驚いてしまったのです。しかも、経営企画のポジションでということで間違いなく今後の経験につながるだろうと考え、初めての求人紹介ではありましたが、応募してみることにしたのです。給料も現在より1.4倍程度アップと、すべての面で優れた案件でした。

エージェントに返信して様子見

応募の方法は、職務経歴書と履歴書です。今回は日系の会社ということで、日本語でOKとのことでしたので楽です。英語でレジュメ書くのは、非常に難しいので、日本語でレジュメを書くことにしました。日本語でのレジュメを添付して、メールを送って翌日すぐにエージェントから電話で連絡があり、スカイプで面接することになりました。相手は日系企業ということで、今回は日本語での面接です。レジュメといい、面接といい、日本語だけでよいということには驚きましたが、先方の指定ということもあり、日本語で準備を進めました。

シンガポールと日本との時差は1時間だけなので、平日の日本時間19時から面談をお願いしました(シンガポール時間18時)。アポイントをきってから、志望動機、想定される質問などへの回答を用意して、当日を待ちました。そして、いよいよ面接の時が来ました。日本での面接と違いスカイプでの面接なので、自宅でスーツを着ました。スーツを着てから、スカイプを立ち上げておくと、先方からSkypeがかかってきました。あの独特の着信音、かなり緊張します。

面談の内容

面談に内容については、約30分間で下記のような内容の質問をされました。一部は、想定した質問ではあったものの、答えにくい質問なども多く、緊張もあって、あまりスムーズには答えられませんした。もしも、今後シンガポールへの転職を検討しているのであれば、下記の想定質問集はカバーしておいてください。

シンガポール転職活動時の基本的な質問
・何故シンガポールで働こうと思っているのか?
・何故弊社に応募してきたのか?
・活かせそうなスキルはあるか?
・海外での生活は初めてか?
・何年くらい働くつもり?
・海外で一人で働く覚悟はあるのか?

シンガポールにある会社との面接とはいえ、全部日本語なので、シンガポールへの転職のために面接をやっているという実感はありませんでしたが、聞かれる質問内容はシンガポール(海外)転職ならではの、項目が多くて思った以上に論理的に答えられませんでした。面接の最後に、面接官から「次の面接に進むなら東京の本社に行って人事と面談です」とのことでした。結果としては、数日後エージェントから電話があり、残念ながら落ちてしまいました。エージェントはその場で簡単に落ちた理由を、先方の企業担当者から聞いていたらしくフィードバックをくれました。理由としては、シンガポール現地で面接した候補者がいて、すぐに働けるとのことで、そちらにオファーを出したそうです。ただ、私の印象は良かったらしく、もしも今後同じポジション募集した時は、声をかけたいとのことで、連絡してもらえることになりました。余り期待はできませんが、担当のエージェントからも面接の印象は良かったので、この調子で次も行くように諭されました。

最終的に内定は?

その後、諦めずに2社受けました。幸いにも、2社目で内定がでました。これは初回スカイプ面談で、2回目は東京本社に現地の担当者が来るから面談しましょう、ということで直接の採用面談をしてもらいました。担当者の感じも非常によく、現在営業である私の強みを生かしつつ、現地ではマーケティング担当として関係企業へのプレゼン、プロダクトづくりに携われるポジションでした。給料などの待遇についても、前回の1.4倍までとはいきませんが、20%アップ程度ももらえるということで、内定を承諾しました。

シンガポールで働くということ

シンガポールは日本のように治安が安全、住みやすい、などと言われていますが、実際のところ日本で働くのとは、様々な点で異なります。ここでは、私がシンガポールでの内定を貰ってから今まで経験してきた日本とシンガポールの違いについて内定を貰って、現地に行く前に気を付けておきたい点について記載しておきます。シンガポールで覚悟しないといけないのは、この3つだと思います。

シンガポールで知っておきたいこと
・一部物品の値段の高さ
・娯楽の無さ
・解雇されやすさ

・一部商品の物価の高さ

シンガポールで驚くのは、アルコール飲料の高さ。お店で頼むと瓶ビールで1,000円は余裕で行きます。日本食なども日本の1.2倍くらいの値段だと感じます。たばこも、基本的に1000円位しますし、ぜいたく品の値段は非常に高いです。また、家賃についても、賃貸事情が特殊でシンガポールには、家族向けの2LDK,3LDKが多いため、ワンルームの部屋が少なく、単身向けのマンションは殆どありません。そのため、マンションでも一軒家でもルームシェアが主流です。ただ、日本のように部屋だけが個別でバスルームが共有ということはなくて、部屋付きのパスルームがあって基本的には一人暮らしと変わりません。料理の時だけ、共有のキッチンを利用するイメージです。

・娯楽の無さ

シンガポールの特徴の一つには娯楽のなさがあげられます。シンガポールはショッピングエリアがそこまでバリエーションもなく、定期的に楽しめるのはマリーナベイサンズのカジノくらいだと思います。セントーサ島など一部ではビーチリゾートもありますが、たまに知り合いがきたときに連れていけるナイトサファリくらいしか観光スポットもありません。ただし、それはシンガポール国内に限った話で、隣国マレーシアやASEAN諸国に行けば、物価の安いビーチリゾートやバンコク・ホーチミンなど都市にも簡単に行けますし、物価が安いので豪遊できます。

・解雇されやすさ

解雇については、日本よりは比較的起きやすい現状があります。というのも、シンガポールの法律には、外国人労働者のとって不利な法律が非常に多く、シンガポール系企業だとそれが顕著です。日本のように解雇手当もありません。解雇が自由にも関わらず、雇用が切れれば最速で2週間程度で職を見つけるか、国外退去しないといけません。

シンガポールの労働者の権利
・解雇手当の支払い義務がない
・雇用と滞在ビザが連動

特に、解雇が自由だという点に危うさを感じる人は多いのではないでしょうか。そんなことが許されるのか?と思ったのですが、本当に自由らしいです。こちらの弁護士事務所のコラムに詳しく書いてあります。日本だと、理由なき解雇は違法ですが、シンガポールではOK。しかも、解雇されたら問答無用で国外退去。2週間以内に新しい職をみつけないといけないということですよね。ですが、日系のシンガポール企業であれば、基本的には日本と同じ商習慣で考えているため、よほどの不祥事がないと解雇などありません。そのため、初めにシンガポール転職をするのであれば、日系企業に転職することをお勧めします。

マイナスポイントを補うほどシンガポール勤務は楽しめると思う

給料も日本円建てで大きくアップすることもでき、しかも日本では難しいであろう営業職からのキャリアチェンジもシンガポールではすんなり成功しました。私としては、営業としてシンガポール転職するのも、海外営業であれば経験として働くのも悪くないかなと思えていたので、うれしい誤算でした。日本と同等以上の待遇でれば、シンガポールの物価で十分やっていけますし、隣国でもしっかりと楽しめます。外国人労働者としてシンガポールで働く経験は今後役に立つと感じています。具体的には、徐々に英語を改善して、社内の制度を使ってアメリカ駐在もしてみたいですし、他の国で活躍するのも悪くないと思っています。

※ちなみに、TOEIC750点はそんなに高くないと感じるかもしれませんが、シンガポール転職おいてはTOEIC750点は十分通用するレベルと考えられていました。理由としては、日系企業のシンガポール支社の案件が多く、彼らのTOEIC平均点も非常に低く、そもそもTOEICがそれほど重視されていません。恐らく現地の人の平均も650点程度ではないでしょうか。そのため、先方の人事にもTOEIC750点でもあれば評価されるので躊躇せずに登録して求人を見てみるのがいいと思います。

口コミ評価の高いエージェント1位「マイナビエージェント」

>>マイナビエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.5/5.0 4.2/5.0 4.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント2位「リクルートエージェント」

>>リクルートエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.3/5.0 4.1/5.0 4.1/5.0

口コミ評価の高いエージェント3位「DODA」

>>DODA(インテリジェンス)公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.8/5.0 3.8/5.0

口コミ評価の高いエージェント4位「JACリクルートメント」

>>JACリクルートメント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.2/5.0 3.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント5位「ワークポート」

>>ワークポート公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
3.2/5.0 3.1/5.0 3.0/5.0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加