プロモーション型のマーケッターの1日・使っているツール紹介など – 評判を徹底比較!転職エージェントデータベース

プロモーション型のマーケッターの1日・使っているツール紹介など

今回は私が以前取り組んでいたプロモーション型のマーケッターの1日について説明していきたいと思います。プロモーション型のマーケッターは、分析がメインのデータ型マーケッターと比べて、プロモーションの企画、推進に注力しているタイプのマーケッターです。求められる役割としては新たな需要を創出するムーブメントを作り出すということにあります。

※データ分析型のマーケッターの一日や使っているツールの説明についてはコチラのエントリで紹介しています。

プロモーション特化型のマーケッターの1日

9:00出社
-12:00 新たなプロダクトのプロモーション案の草案を作成する、ターゲットユーザーとしてペルソナを指定して企画を複数案寝る
-13:00 ランチ
-14:00 データ分析チームと相談してプロモーションのイメージを共有、狙いがデータと大きくずれないか意見をもらう
-16:00 企画の実行プランを練る、外部との調整が必要なら広報部門と連携する
-17:00 案を2つに絞ってスケジューリング案を作成
-19:00 稟議用にプレゼン資料にまとめる

プロモーションの実行段階では、マーケッターとしてデータ分析部門と協力しながら、ターゲットユーザーの選定を行います。ターゲットが決まれば、どんな訴求方法をするのかプロモーション案として草案を固めます。実行プランとしてスケジューリング案をまとめて、社内の稟議を待ち、承認されて結果を残すのがマーケッターのやりがいです。

実行フェーズもマーケッターとして重要なのですが、実行後の効果測定フェーズもマーケッターの重要な仕事です。いかに自分のプロモーションが効果を出したのかをプレゼンします。その際にマーケッター特有のツールを使用することがあります。

09:00出社
13:00プロモーションのUUやCVR、CTRなど各種数値を測定する(Google Analyticsなど)
15:00投資した広告予算の測定(SEM)
17:00主要データのまとめ(エクセル)
19:30プロモーション結果まとめプレゼン

効果測定フェーズで重要なのは、成功した場合は、しっかりと結果を見せて成果を出したことをアピールして、次回の予算の確保と自分の手柄として評価を上げること。もしも芳しくないときは、いかに副次的な効果を上げたかなど資金提供してくれた上層部にできるだけネガティブな印象を与えないことが重要です。

マーケッターがよく使うツールの説明

マーケッターの1日でも明らかにしたように効果測定フェーズにおいては各種ツールを用いて効率的に効果データを収集していくことが重要です。ツールというとカッコよく聞こえますが、分析メインでないマーケッターは客観的なデータが分かれば良いので、ツールも一般的に使えるものが多いです。(ウェブプロモーションはナチュラルな検索であるgoogle,yahooなどの検索エンジンからの流入の分析が必須です。2社が公開しているツールを使用することが多いです)

ツールについては、無料で利用できるものがメインで、私も転職前は使ったこともありませんでした。入社後にOJTで身につけました。

Google Analytics

グーグルが提供しているアクセス解析ツールでプロモーションを展開したときにどのような客層がサイトを訪れたり、どういうページ遷移で購入に至ったのかなどユーザー動向の分析ができるツールです。例えば、首都圏のユーザー向けに展開したサービスで、アクセスが九州から多かったらターゲットに適切にアプローチできなかったことが分かります。効果測定する際に非常に有用なツールです。無料公開されているツールなので誰でも使えるよう設計されており、入社後にトレーニングすれば誰でも正しい使い方は習得できます。

SEM

ツールという概念ではないのですが、ウェブマーケティングする上で外せないのがSEM広告です。ナチュラルに検索順位を上げて流入を強くするのがSEOなのに対して特定ワードにお金を払って検索順位を上げるのがSEMです。効果測定としてSEMを考えるとき、払ったお金に対してどのくらいの価値のユーザーが集まったかで効果を測定します。これは実践的に使わないと身につかないので転職前はあまり考えないで良いです。ツール自体の使い方は簡単なのですが、感覚が重要なのです。

エクセル

抽出してきたデータも全てエクセルでまとめて置きます。マーケッターの場合、過去の実績など突然社長に聞かれたりすることがあるので、より整理しやすい社内共通の方法だとエクセルが採用されていることが多いです。データ分析型のマーケッターとは異なり、エクセルで統計分析の必要があるわけでもないので、簡単な関数が使えてれば序盤は問題ないです。

パワーポイント

やはりプレゼンはマーケッターにとっても重要で、パワポ技術は必要です。特にデータ分析結果を効果的に見せたり、ストーリーを構成していく上で、パワポをスムーズに綺麗に作っていくのはマーケッターとして生きていくためには重要です。ただ、見せ方に関しては経験によるところが大きく、私は入社時はエクセルをパワポに貼り付けることも出来ない入門レベルでした。

結局営業マンからマーケッターにはなれるのか

マーケッターにとって重要なのはツールをうまく使えることでも、プレゼン資料がうまく使えることでもありません。いかにプロダクトの需要を喚起し買ってもらえるかという結果です。そのためにはお金やアイデアが必要です。人でも必要です。それを取ってくるのが、マーケッターとしてはプレゼン技術です。

つまり、ノルマの中で営業して結果を出してきた営業マンは提案技術が他の職種に比べて評価されやすいのです。それこそが営業出身のマーケッターが世の中に多い理由です。

ここまでの話でマーケッターになってみたいという思いがあれば、コチラのエントリで、営業マンだった私がマーケッターになる記録を残していなすのでご覧ください。

口コミ評価の高いエージェント1位「マイナビエージェント」

>>マイナビエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.5/5.0 4.2/5.0 4.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント2位「DODAエージェント」

>>DODAエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.3/5.0 4.1/5.0 4.1/5.0

口コミ評価の高いエージェント3位「リクルートエージェント」

>>リクルートエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.8/5.0 3.8/5.0

口コミ評価の高いエージェント4位「JACリクルートメント」

>>JACリクルートメント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.2/5.0 3.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント5位「ワークポート」

>>ワークポート公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
3.2/5.0 3.1/5.0 3.0/5.0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加