type転職エージェントは評判の悪いブラック求人は多いのか?利用した感想

type転職エージェントは評判の悪いブラック求人は多いのか?利用した感想

tye初転職で利用した「type転職エージェント」ですが、全体的に求人数が少なかったこともあり、希望の求人を見つけることができず途中で退会しています。

評判では首都圏の転職に強いと聞いていたのですが、下記のような点で個人的には決め手に欠けると感じました。

・非公開求人が他社と比べて少ないと感じた
・営業系の求人に偏りがある

評判の悪いブラック系の求人紹介はありませんでしたが、私が希望していた「安定した職場環境」「ホワイト企業」の求人は見つからず利用中止することになりました。

ホワイト企業の求人紹介が多かったエージェント

type転職エージェント利用後は念のため、求人サイト「@type」も確認しましたが、結果的に満足できず退会することになりました。

最終的に、私が利用したのは「経歴書サポート」「ホワイト求人紹介」の点で要望に沿ってくれた下記のエージェントで、希望求人での内定獲得につながりました。

thumb_mynavi-agent_jp
>>マイナビエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

マイナビエージェントでは、転職サポートの期限がないこともあり、他のエージェントと異なり「転職を急かされない」ため自分のペースで求人探しができました。

経歴書など手厚くサポートがあったこともあり、選考においても自信を持って臨めたことで、上手く希望の内定が取れたのだと感じています。

@typeとtype転職エージェントの違いと評判について

求人サイトの「@type」、転職エージェントの「type転職エージェント」の両方使った私ですが、全体的に求人数が少なく、電話連絡なども多かったので利用を中断しています。

「登録者数が少なく穴場」など評価があったので期待していたのですが、下記の点で不満を感じました。

type転職エージェントの特徴
・IT系の営業求人が多い印象
・規模間は大手と比べると落ちる

穴場エージェントというのは言いようで、単純に利用者が少ないのか、他のエージェントで紹介された求人と比べると、給与面、キャリアパス面で納得するのは難しかったです。

type転職エージェントは、たまに凄くゴリ押しされていたので利用してみたのですが、退職率が高めなのか色々なエージェントで同時に募集されているような求人が多かったです。

求人サイト@typeと他社サイトを比較した場合の感想

@typeは求人サイトで、リクナビネクスト、マイナビ転職、エン転職と同系統のサービスです。

求人サイトは、登録すると、@typeに限らずですが、企業からのスカウトメール、求人サイトからのメルマガなどが大量に届きます。

その中から自分に合いそうな求人を探して応募することができるシステムになっています。

一方で、type転職エージェントは、リクルートエージェント、マイナビエージェント、DODAなどのように担当エージェントが、自分に合った求人を探してきてくれて紹介してくれるサービスです。

一般的に求人サイトは、面接などでスキル経験など問われない「不動産営業」「保険営業」「テレアポ」「コールセンター」などの採用に使われていると言えます。

そのため、回転率の高い(人の入れ替わりの激しい)職場の求人が多く、転職するのは簡単でも続けるのが難しい職場になりがちです。

そのため、ホワイト企業に転職してキャリアを安定させたいのであれば、経歴書の作成からサポートしてくれて紹介求人の質も一般的に高い転職エージェントを使ったほうがいいです。

type転職エージェントでブラック企業の求人は多い?

転職エージェントのほうが優れていると言っても、どの転職エージェントでもいいわけではなく、安定してホワイト企業の求人紹介のあるエージェントを選んで利用する必要があります。

type転職エージェントの場合は、利用者が大手と比べると少なく、拡大のために売り上げアップが必要です。

利用者を増やすためには、転職希望者に早く転職してもらう必要があるので、それ相応の対応になりがちです。

一方で、大手エージェントであれば、ある程度の流動性は担保されているので、マッチングする求人案件が出るのを待ってから転職エージェントは紹介してくれることもあり、無難に大手を使っておいたほうが、数年後に後悔せずにすむと思います

特に、typeは地域限定エージェントであり、宣伝活動なども非常に控えめで、根本的に求人案件も他のエージェントに比べると非常に少ないと感じました。

私自身も、首都圏(神奈川・千葉・東京・埼玉)限定のエージェントで求人の質が高いと評判だったので利用したが、特にメリットを感じれず利用を中断しました。

単純に「非公開求人」も乏しく、別エージェントなら公開で求人募集されているような大量募集系の退職率が高い企業はよく見かけました。

typeは知名度の割に運営歴は長くなく規模間も小さい

それほど歴史のあるエージェントではないので、今後方針が変わる可能性はありますが、基本的には全国展開はせず、地元密着型で転職サービスを展開していくようです。

地域限定であることから、求人案件数が少なく、業種も限定されていますし、職種も殆ど「営業職」であるため、当サイトでの評価は厳しいものにはなっています。

公式サイト上では、スキルマッチング、足あとマッチングなど他の転職エージェントにはない機能を推進していますが、これは真っ向からサービスを比較されていますと勝てないからで、正統派のエージェントは言いにくい面があります。

登録基準は緩いので他社セレクションに落ちた場合に使える

基本的には、営業職の求人が大半であり、最近になって徐々に「ITエンジニア」を押してきていますが、既にエンジニア転職の場合は「レバテックキャリア」など専門エージェントもあり、選択肢には上がりにくい状況となっています。

さらに、コンサルティング職、企画・事務職などもサイト上ではサポートしているように見えますが、こちらもリクルートエージェントなどの大手エージェントに比べると案件数が少ないため、基本的には他の大手エージェントでセレクション落ちした場合に利用されるのが@typeの立ち位置だと言えます。

そのため、規模拡大の観点からか、登録基準は緩く、登録すれば基本的に転職サポートが受けられます。

他のエージェントだと中卒、高卒などだとサポートを受けられないこともあるので、その点で言うとtype転職エージェントは上手く受け皿として機能しているのではメリットではあると思います。

エンジニア向け、女性向けの転職エージェントとしてのほうが強い?

typeの最大の特徴は、元々エンジニア転職サポートをしていた転職エージェントが「営業職」「コンサルタント職」「事務・企画職」などの文系職種に大きくシフトさせてきたため、全体的にサービスが中途半端だということです。

例えば、非エンジニアの転職であれば、選択肢としてはリクルートエージェントなど大手総合型エージェントに求人案件が殆ど集まってしまうので、@typeを率先して利用したほうが良い理由はありません。

また、エンジニア転職の場合も、運営歴が長いだけで、首都圏限定でしか使えない@typeよりも、専門エージェントとしてエンジニアの正社員転職、フリーランス案件紹介などで徹底的にサポートしてくれるエージェントを使う人が多いです。

女性の転職についても「女の転職@type」など運営を強化していて唯一メリットを感じる部分かもしれません。

typeは電話連絡などしつこかったり、該当求人がないと言われたりするのか?

tye
一部の口コミでは確かに、@typeは「一部のエージェントの面倒見が良かった」「転職するのようにせかしてこない」など良い評価もありました。

逆にのんびりしすぎて転職活動が進まなかった、ヒアリングが細かいわりにフィードバックは乏しかったなどの意見もありました。

ただ、これはどのエージェントもそうですが、担当エージェント次第で期末でノルマに追われているエージェントに当たった場合は、しつこく電話をしてくる可能性もあります。

もしも相当強いこだわりが@typeにあるなら、使っても問題はないかもしれませんが、基本的には目的に応じて評判の良いエージェントを使ったほうが転職成功には近づくようです。

管理職などのハイクラス転職には使えるのか年収事例など

IT系の会社で広告営業経験を4年間積んだが、社内での管理職にはあと5,6年かかるため、このタイミングで転職を決意した。マイナビエージェント、リクルートエージェントと@typeに試しに登録しています。

新卒のときから挑戦してみたかったコンサルティング業界に興味がある旨を担当さんに伝えたところ、やや難色を示されたが、営業職求人と一緒に一応コンサル求人も見せてくれたりしました。

とはいえ、マイナビエージェント、リクルートエージェントはすぐにコンサル求人を5件以上提示してくれたが、こちらは1件のみとヒアリングが細かった割には、提示は少なかったです。

全体的には20代~30代で営業経験を積んできた人向けの求人案件が多いものの、求人の質、非公開求人の点では若干疑問点はありました。

コンサルティング会社だけで1社。別エージェントで5社だったのでやや少ないか。結局、別のエージェント経由で内定を獲得しました。

担当エージェントとの面談時に適当に書いた履歴書を持参したが、ホームページの見本のようなものを見せてくれて、「こんな感じで書くと綺麗に見える」と教えてくれました。

ただ、別のエージェントでは直接添削してくれたり、志望動機などのチェックもしてくれたのに比べると、サポートが手厚いとは言いにくいと感じました。

@typeは殆ど登録前は知らなかったのだが、基本的には親身に対応してくれた。ただ、大手と言われる他エージェント比べると、少しサポート体制が弱いと感じた点は否定できませんでした。

首都圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)に特化している理由

首都圏のメーカー、ITシステム系の会社の求人が多く、エンジニア経験者であればある程度の求人紹介はあります。

求人の傾向としては、一例ですが、地域によって多い業種には差は出てくるようです。

東京:IT、ウェブ企業
神奈川、千葉:メーカー
埼玉:不動産営業

エンジニア採用サポートについては以前から取り組んでいることあり、強い特徴が無くても、安定したサポートが期待できるが、事務・企画・営業採用などの場合、正社員転職サービスを始めてから日が浅いということもあり、キャリアアップにつながりにくい求人案件も垣間見えると言えます。

@typeは「シニアマネージメント向け」には案件はないので、若手から中堅のビジネスマンのみという制約はあります。

担当エージェント自体、数が少ないという訳ではないが、候補者に使える時間は限られているのか、他のエージェントと比べて、転職をせかしてこない、逆に言うとスピード感にかける印象を持った人が多いです。

面接対策や履歴書添削などについては、対応してくれるエージェントとしてくれないエージェントがいるようで、相性が合うエージェントとマッチングできれば評判は良いようです。

少人数なのか担当システムについては、基本的にレスポンスは早くはない模様。候補者をせかしてまで転職させようという姿勢は無いため、他のエージェントに比べると転職決定が遅い傾向はある模様です。

口コミ評価の高いエージェント1位「マイナビエージェント」

>>マイナビエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.5/5.0 4.2/5.0 4.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント2位「リクルートエージェント」

>>リクルートエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.3/5.0 4.1/5.0 4.1/5.0

口コミ評価の高いエージェント3位「DODA」

>>DODA(インテリジェンス)公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.8/5.0 3.8/5.0

口コミ評価の高いエージェント4位「JACリクルートメント」

>>JACリクルートメント公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.2/5.0 3.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント5位「ワークポート」

>>ワークポート公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
3.2/5.0 3.1/5.0 3.0/5.0

転職エージェント比較表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加