エリートネットワークの対応はしつこい?実際に利用した評判 – 評判を徹底比較!転職エージェントデータベース

エリートネットワークの対応はしつこい?実際に利用した評判

thumb_www_elite-network_co_jp入社8年目で初めての転職活動を進めた際にエリートネットワークを利用しましたが、求人提案数が多いメリットはあるものの、オフィスが銀座のみで利便性はデメリットに感じました。

下記は「キャリア面談」「アフターフォロー」で避けるべきエージェントの特徴です。

・すぐに求人紹介が始まり応募するか聞いてくるか
・紹介求人の企業は退職率が高くないか

私は転職会議などで紹介企業の評判を必ず確認して「退職率が高い」「評価制度が酷い」など評判が悪い企業の求人は避けるようにして、あまりにも対応が酷ければ利用中止するようにしました。

ホワイト求人の多かったエージェントまとめ

保険営業などの厳しそうな業務内容の求人が多く「どこでもよいから転職して欲しい」という気持ちを感じてしまったエージェントについては、早々に利用を止めていきました。

そのため「ホワイト企業の求人」「書類添削など手厚いサポート」を探した結果、利用したのが下記のエージェントで、希望の求人で内定を獲得することができました。

thumb_mynavi-agent_jp
>>マイナビエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

マイナビエージェントは「転職会議などでも職場環境が優れていると評価されている」ホワイト企業の求人を多く紹介してくれて、実際に応募しようと思えた求人が非常に多かったです。

また「志望動機」「書類添削」といったサポートも、他のエージェントに比べて手厚く、自信を持って選考に入れたのも内定獲得につながったと感じました。

エリートネットワークを使ってみて実際の評判を分析

私がエージェント利用時に気をつけていたこととしては、保険営業などのノルマ営業全てがブラックという訳ではないと思いますが、当時ブラック企業で営業をしていた自分からすると保険営業など紹介が多いエージェントは使わないという方針でした。

エリートネットワークを利用してみて、求人提案数などは大手エージェントよりも多かったこともあり、人によっては満足度の高いエージェントだとは思います。ただ、オフィス面談が東京の銀座のみという点においては、アクセス面で満足できないと感じる人もいるかもしれません。

一番大きな特徴としては、エリートネットワークは以前までは40代~50代のミドル人材、ハイクラス人材に特化していたが「ビズリーチ」「キャリアカーバー」などの競合が増えたため、現在は20代~30代のジュニアクラスの転職サポートが中心にシフトしたことが要因のようです。

以前までは完全に年収の高いシニア層に絞って転職サポートをしていたため、他の大手エージェントと比べると20代~30代への知名度が低く、転職サポート経験の乏しい候補者の場合、あまり利用対象に浮上してこないのではと感じました。

オフィス面談が必須である理由についての考察

登録後は必ず銀座オフィスで、エージェントと面談する必要があり、遠方に住んでいる人からすると使い勝手が良くないというイメージが強いのではと思われます。求人の特徴としては、基本的に職歴の浅い第2新卒でも転職できる「営業」の求人案件が非常に多く、他業種転職したい人、専門職転職したい人よりも、営業キャリアなどで深くキャリアアップしたい人向けのエージェントだと言えそうです。

方針転換してから日も浅いこともあり、20代、30代の登録者の集まりは他のエージェントと比べて、とりわけ多いわけでもなく、求人自体も徐々に増えていっているといった状況にようです。登録者が必ず銀座オフィスでキャリアカウンセラーと面談する必要がある点でも、その場で志望動機のブラッシュアップをしてくれたり、書類添削をしてくれたりしてもらいたい人向けで、後日再訪するのは距離的に難しい人もいるかもしれません。

一方で活動しているエージェント数は大手と比較すると少ないので「特定のエージェント(個人名)+評判」ある程度の評判が確認でき、以前まではシニア層に特化していたようなので職歴の浅い候補者の場合は心理的なハードルが高い可能性はある。

都内勤務希望かつ高年収の営業職希望なら利用する価値あり

ちなみに、DODAなどもメインターゲットをジュニアクラス転職からハイクラス転職にシフトして最近は評判があまり良くないようですが、サービスの方針転換したエリートネットワークも同様に知名度など苦戦している可能性があるのかもしれません。

エリートネットワークでは、素材の良い候補者に、ハードルの高い求人を紹介するという、ジュニアクラスの候補者にもシニアクラス転職で使う手法を用いているため、マッチングが難しい場合があるようです。しかし、現在評判の高いエージェントは、素材に関係になく、経歴書のサポートから志望動機まで徹底的にブラッシュアップしたり、サポートするうえに未経験職種への転職サポート力が高いエージェントに人気は集中しているように感じました。

その点で、銀座にオフィスがあり、エリートネットワーク自体も候補者と直接面談することを重視しているため、地方在住者には利用が難しい反面、都内勤務かつ高年収の営業職を希望するのであれば利用する価値はあるかもしれません。

これといって特徴が無い求人の質であるが、大手エージェント同様のラインナップは抑えているのか、ミドル~シニア層向けの案件は常時多い。担当の質により紹介できる案件レベルには大きな差があるので、担当と合わなければ積極的に交代を申し出るのが得策か。

担当者により実施してくれる場合としてくれない場合があるが、普段30代~40代の求職者と面談することが多いエージェントにとって、20代候補者の書いてくる履歴書はレベルが低いと感じるのか積極的に添削してくれると感じた。

あまり会社として登録者に優先順位をつける傾向がないので、登録者のレベルによって対応に差が出ないのが特徴ではある。

エリートネットワークを利用しての感想

前職の業界と職種、勤続年数では営業を2年間やっていた私が、エリートネットワークに登録した理由としては、いくつかのランキングサイトで見かけたからで、リクルートエージェントなど他のエージェントに登録したときに、試しに小規模なエージェントにも登録してみたかったためです。

求人の質については、3年目で会社ではそれなりに管理職なども任せてもらっているのに、一部のエージェントでは担当に若造として扱われることも多く、あまり質の高い求人紹介はなかった。第2新卒採用の初任給20万程度の案件も多かったが、エリートネットワークについては質の高い営業求人が多かった。

職務経歴書や履歴書のサポートの面では、面接当日に持参した履歴書の添削をしてもらったが、修正理由が分かりにくく上手くコミュニケーションできなかった部分もあったが、求人提案数は多く、何となく自分の相場を掴むのには使えた。

面接対策のサポートも応募までにいたっていないので分からないが、面接対策はリクルートエージェントなどで実施してもらうことも可能なので基本的には求人提案だけ受けておけば問題ないと思う。

面談では、営業から何故転職したいのか、よく考えたほうが良いといわれるなど、キャリアアップしたいからという理由以外にも転職理由を準備しておいたほうがいいし、納得してもらってから求人提案を受けたほうが、質の高い求人提案に繋がる。

銀座にオフィスを構えるなど、他のエージェントに比べて、ハイレベルな人材にアピールすることを狙っている。以前までは、シニア層の転職支援に注力していたが、近年リクルートやDODAなどハイレベルなシニア層の取り込みに注力するエージェントが増加し競争が激化してきたためか、第2新卒層へのアプローチへの注力を始めている。

ただ、エージェント自体が、シニア層向けの案件の扱いに慣れているため、20代の求職者への転職サポートはこれからという印象。ミドルクラスの求人案件が多く、第2新卒者にとっては業種を絞り込むことで魅力的な案件を見つけていく使い方になる。

口コミ評価の高いエージェント1位「マイナビエージェント」

>>マイナビエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.5/5.0 4.2/5.0 4.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント2位「DODAエージェント」

>>DODAエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.3/5.0 4.1/5.0 4.1/5.0

口コミ評価の高いエージェント3位「リクルートエージェント」

>>リクルートエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.8/5.0 3.8/5.0

口コミ評価の高いエージェント4位「JACリクルートメント」

>>JACリクルートメント公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.2/5.0 3.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント5位「ワークポート」

>>ワークポート公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
3.2/5.0 3.1/5.0 3.0/5.0

転職エージェント比較表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加