アデコの転職エージェントとしての評判はゴリ押し?実際に利用した感想 – 評判を徹底比較!転職エージェントデータベース

アデコの転職エージェントとしての評判はゴリ押し?実際に利用した感想

thumb_tenshoku_adecco_co_jpアデコ転職エージェントは登録後の対応は手厚かったものの、外資系企業の求人紹介が中心で、希望と異なっていたこともあり、途中で利用を辞めています。

3か月ほど利用して感じたのは、アデコは下記のような人向けということです。

・英語力など専門性の高い人
・外資系メインで転職活動を進めたい人

応募しようと思えた日系ホワイト企業の求人は殆どなかっただけでなく、他のエージェントと比べると「経歴書」「志望動機」などの相談サポートも外資転職向けだったこともあり退会しました。

ホワイト企業の求人紹介が多かったエージェントまとめ

アデコでは外資系求人の紹介は多かったものの、私の希望とは異なっていたこともあり、途中で登録解除しました。

アデコ退会後に利用して希望の転職をしたのが「ホワイト企業の求人紹介」「書類添削などサポート」を徹底してくれたマイナビエージェントでした。

thumb_mynavi-agent_jp
>>マイナビエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

マイナビエージェントは「経歴書作成などサポート」が手厚いだけでなく、ホワイト求人紹介が多く、効率的に求人探しを進めることができました。

初転職で不安は非常に多かったのですが、担当エージェントが長期的なキャリアプラン含めて相談に乗ってくれたことで、希望の内定に繋がったと感じました。

アデコの口コミから評判を分析

一部のサイトでは高評価だった転職エージェント「アデコ」を利用した私ですが、外資系特有なのかJAC同様に対応が非常にドライだったこともあり退会しました。

ウェブ企業の広告営業として勤務していた私が、大手メーカーへの転職を目指した時に利用したのが「アデコ」でした。

派遣のイメージが強かったアデコですが、転職エージェントとしてもサービス展開しているとのことで期待して利用したものの、下記の理由からアデコは転職エージェントとして使うのは微妙だと感じました。

・ノルマ制の営業求人が多かった
・担当エージェントが付かないので書類添削などサポートがなかった

アデコは担当エージェントが個別にサポートしてくれるわけではなく、基本的に求人紹介だけで、求人の質自体も他エージェントと比べて落ちると感じたため、実際に応募したいと思う求人紹介がなかったです。

アデコは、派遣・正社員転職のハイブリッド型の転職エージェントで、登録しても他の転職エージェントとは異なり、担当エージェントが付かない珍しいタイプのエージェントです。マンツーマンで書類添削などしてほしい場合は使いにくいエージェントではありますが、逆にエージェントと話をしたくない人には向いています。

外資系の人材会社ということもあり、外資系企業の採用案件に強みがあるというイメージが強いですが、実際には国内企業の求人が多く、職種も営業職の割合が高いようです。

日系企業の海外進出についてもサポートを行っているリクルートエージェントとは異なり、海外勤務の求人は限りなくゼロに近く、国内企業の営業職限定で使う分には一定の評価があります。

また、近年は国内でも首都圏外の採用サポートに注力していて、九州・東北などの求人案件も徐々に増えています。求人案件のうち、営業職が40%程度、経理・総務・人事などバックオフィス20%程度、残りがエンジニア職種の案件と、営業案件が多めです。

海外への就労を希望する候補者であれば、一度は利用を検討するであろう有名エージェントです。エージェントへの登録後、利用期間に制限はなく、無料で利用可能。日本法人以外にも、60か国にアデコグループはサービスを展開しており、非常に強力なグローバルネットワークを持っています。

職種内容は営業職が多く、日本語と英語バイリンガルの営業人材はアデコに集まる傾向があります。

一方でサービスの質の観点からいうと、担当エージェント制ではあるものの、大量の登録者を少人数で対応していく傾向があるため、案件紹介以上のサポートはあまり期待できないようです。女性の登録者数が、一般的な転職エージェントよりも多く、女性に優しい転職エージェントとして一定の評価を持っている。

外資系日本法人の募集する英語が多少話せる日本人営業職案件が多い。海外勤務が希望であれば、海外勤務の営業職の紹介は期待できるが、日系のエージェントと比較すると企業とのコネクションはリクルートグループよりは希薄なため、企業のネームバリューは劣ると言える。営業でのキャリアップを中心に考えるのであれば、外資系転職のためのエージェントして使いやすい。

外資系転職の案件が多いため、多くの候補者にとっては面接対策、レジュメ作成サポートが必要となってくる。しかし、アデコは担当エージェントが徹底的にサポートする日系エージェントと比べて、格段にサポート力は弱い。基本的には、登録後に与えられる求人リストから自分で企業を選定してアプライする形式をとる。書類対策は別のエージェントに期待するべき。

全体的には、転職面談も電話面談が多く、エージェントとのつながりは日系エージェントに比べると希薄。求人データベースを自分で絞り込み、時にアプライするため、エージェントにあまり頼る必要がないと感じている人には使いやすいと言える。

アデコ利用の感想まとめ

最後に、私がアデコを利用して感じたことを簡単にまとめておきます。

・私の前職の業界と職種、勤続年数
3年間ウェブ広告の販売と管理を行っていました。

・アデコに登録した理由
ウェブ広告の仕事を始めてから、お客様と接する仕事に自分はやりがいを感じられないと気づいた。ウェブ業界では、営業マンであってもリスティング管理など広告の管理業務が多く、お客様に営業をかけに行く機会が期待していたよりも多かった。マーケティングに興味を持ち、最先端のマーケティングが学べる場としての外資系企業でキャリアアップを狙った。アデコはネットで調べたところ、外資系案件に強いということだったので登録してみた。

・求人の質について満足したか?
初めは海外での仕事に興味があったが、自分の英語力(TOEIC800点)では紹介できる案件がないと言われたため、国内での外資系企業の案件に切り替えた。それでも職種が営業しかなかったり思っていたのと違った。一応、現在よりも給与待遇は改善する案件の紹介をいくつもしてくれたので、給料だけを求める人には良いかもしれない。自分は歩合制の営業よりも、マーケティング希望だったので、別のエージェントに任せることにした。

・求人は最終的に何社の紹介があったか?
全部で11社の紹介があった。外資系で、保険会社が多く、次に製薬系の企業が多かった。全て営業職で、全体的に給与水準はよかった。

・職務経歴書や履歴書のサポートはありましたか?
電話で簡単にこういうことが聞かれますという情報の共有はありました。しかし、レジュメの書き方については、リンクが送られてきて参考にするようにと、基本的には自学自習のスタンスでした。メールの返事が遅かったり、担当エージェントにはあまり期待しないほうがよい。

・面接対策のサポートはあったか?
面接で聞かれそうな質問の事前共有はあったが、基本的には面接練習の時間などはないため、自分でしっかりと準備しておく必要がある。もともとあまりサポートはないと想定していたのだが、初めての転職だとかなり不安になると思う。

・エージェントの対応は全体的に丁寧だったか?
私の希望にマッチするからとエージェントが自分の手で案件を見つけてきてくれたというよりも、データべースに登録されていたから私に紹介しているといった雰囲気を感じた。非常にドライな対応だと思うが、外資系企業を志向するのであれば、ごく自然な対応だと受け取れるのではないか。

・エージェントからキャリアの提案はありましたか?
私自身前職は営業ということもあり、キャリア的にはステップアップできているからと、営業でのキャリア継続を進めてくれた。ただ、自分の意見の反映は少ないと感じた。

口コミ評価の高いエージェント1位「マイナビエージェント」

>>マイナビエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.5/5.0 4.2/5.0 4.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント2位「リクルートエージェント」

>>リクルートエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.3/5.0 4.1/5.0 4.1/5.0

口コミ評価の高いエージェント3位「DODA」

>>DODA(インテリジェンス)公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.8/5.0 3.8/5.0

口コミ評価の高いエージェント4位「JACリクルートメント」

>>JACリクルートメント公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.2/5.0 3.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント5位「ワークポート」

>>ワークポート公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
3.2/5.0 3.1/5.0 3.0/5.0

転職エージェント比較表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加