SEで異業種へ転職して感じたキャリア上の盲点 – 評判を徹底比較!転職エージェントデータベース

SEで異業種へ転職して感じたキャリア上の盲点

SE新卒就活時、または中途転職で、本当に通用するスキルが欲しくてSEになったにも関わらず、理想と現実のギャップに悩まされているSEは私を含めて多いと思います。

特に、業界特有のゼネコン体質から、多大なストレスを抱え、限界を迎えている人も多く、転職して異業種に行ってしまおうと私は考えました。

ここでは、ゼネコン構造から抜け出し、今までのSEキャリアを生かして異業種転職した私の経験について、まとめておきたいと思います。

SEの異業種転職する際の候補について

ウェブ企業のエンジニア、フリーランスエンジニア、社内SEへ転職する方法がありますが、私は個人的にはウェブ企業のエンジニアにまずは転職して、次の戦略を練るというのが最善だと感じています。

下記、通常のSEが抱える不満を3つにまとめたものですが、ウェブ企業のエンジニアになってしまえば、多くの場合、解決する話だからです。

・異常な残業=安月給
・同じことの繰り返しでスキル身につかない
・ひしひし感じるゼネコン体質

上記のような葛藤を感じない人は、そのまま今の仕事を続けてください。恵まれた環境にいますので、そのままSEとして、SEを大切にしてくれる会社にいて異業種への転職は考えないほうがいいです。

しかし、多くのSEが上記のような不満を抱えながら、仕事をしているのではないでしょうか。

ゼネコンが嫌がることから逆算して考える

こういった不満を解決するためには、何らかの行動が必要なのですが、そこでウェブ企業への転職を私は考えました。

理由としては、多くのウェブ企業はコンプライアンス上、残業が少ないという最大のメリットがあるためです。

基本的には、納期もあり、アジャイル開発がメインにはなりますが、それなりに対応するのに序盤は苦労する可能性はあります。

それでも異業種の中でも属性が近いウェブ企業であれば、むしろSEとして奴隷的に働いていた人にとっては、福利厚生も充実していることの多い、例えば楽天、サイバーエージェントなど、エンジニアを大切にしている企業に思い切っていってしまうのは最適です。

最近だと未経験でも研修でエンジニアとして、修行を積ませるようなウェブ企業も多く、SEとしてある程度の言語を触ったことがある経験だけでも、即戦力と行かなくても高い評価を得られる可能性が高いからです。

多くの方が、理解していると思いますが、何もせずに現状に甘んじていると、いつか限界が来ます。

とはいえ、何をするべきかを事前にしっかりと考え、計画を練っておくことは重要です。特に、雇い主であるゼネコンが、雇われSEにして欲しくないことから把握してみるのは非常に有効です。

ゼネコンがSEにして欲しくないこと
・転職して人材の流動化を促進
・フリーランスが増える
・スキルが高まり高給化

上記は、SIerを仕切る(徐々に終焉に向かっていますが)ゼネコンが、働きアリ兼奴隷であるSEに、絶対にして欲しくないことです。

・転職が活発化すると、SEを極悪環境下で働かせずらくなります
・フリーランスが増えれば、馴れ合いの適当な仕様書も組めなくなります
・スキルが上がれば、胴元のマージンは減ります

上記を見ればわかる通り、人材の流動化、フリーランス増加、スキルアップが進めば、従来のゼネコン構造に縛られないSEが増えると考えられます。

ここからは、そんなゼネコンが嫌がる、SEが今後取るべきキャリアアクションについて考察していきます。

SEの4つのキャリアアクション

今SEとして働いている人には、下記のような4つの賢い選択肢があります。

上記のマトリクスを見れば、現在SEとして働いている人にも、多くの選択肢が残されていることが分かるはずです。

一昔前までは、SEからの転職と聞けば、10%程度の確率で引き抜きによる転職、残りはキャリチェンジで不動産営業したり悲惨なイメージの転職を想像する人が多かったと思います。

しかし、ここ5年程度でSEの転職事情は大きく転換しており、上記のような選択肢が浸透してきています。

4つのキャリアアクションの詳細

先ほどのマトリックスを見れば、右上の選択肢である「SEとしてIT転職」することが魅力的なはずです。

「スキルを正しく評価してくれる、または将来性を買って好待遇(給与、労働時間)で雇ってくれるホワイト企業にSE転職すること」こそ、ローリスク、ハイリターンの選択肢だといえます。

とはいえ、個々人で希望は異なりますので、4つのキャリアアクションの詳細を、それぞれ下記にまとめました。

4つのキャリアアクション
1位:SEとしてIT転職
2位:インハウスSEとして他業種へ転職
3位:フリーランスに転向
4位:海外でSE経験を活かして転職

1位:SEとしてIT転職

SIer以外にもSEを求めているホワイトな業界・会社は沢山あります。しかし、SE側も求人の見つけ方をよく分かっていなかったり、求めている企業側もSEの探し方を心得ていなかったり、ずっと業界全体でミスマッチが続いていました。

しかし、ここ5年でSE専門の転職エージェントが増えたりしたことで、選択肢が広がってきています。給料面でも好待遇なうえ、労働環境への意識も高いため、SEがゼネコンから抜け出したいのであれば、まず初めに検討するべきキャリアアクションです。

2位:インハウスSEとして他業種へ転職

メーカーや金融機関など、社内にインハウスとしてSEを抱えている企業は多いです。現在のSEキャリアが生かせるうえ、待遇もその会社の基準に従うので、ホワイトである可能性が非常に高く、また場合によっては、SE以外の職種を経験することができる可能性もあります。

3位:フリーランスに転向

SEは、プロジェクトベースで仕事ができるので、他の職業に比べてフリーランス化しやすく、需要も多いです。

フリーランス転向できると、半年仕事、半年休暇のように、自分次第で自由なワークライフを送れるので、フリーランスに憧れている人は一度自分のスキルでどのくらい稼げるのか見てみてほしいです。

4位:海外でSE経験を活かして転職

日本人SEは、海外でも需要が高く、ほかの職種に比べて圧倒的に海外転職しやすいです。

というのも、海外にはSEという職はないのですが、日本人SEのディレクション能力が、海外の安いプログラマーをマネージメントする際に評価されるからです。

需要の高い国としては、シンガポール、アメリカなどの英語圏です。

自分はIT土方のままでOKなのか考えておくべき

結局SlerでSEをやり続けているのであれば、徐々に習得スキルの限界は来ますし、経験も頭打ちになってしまいます。

そして、気付いたら何年も同じような作業を繰り返し続けて、中途半端に偉くなり、部下のミス、上司のミスをカバーする中間管理職になっていきます。

最も労働時間が長いのは、いわゆる中管理職ポジションの人材で、残業も裁量労働制になるので正式につかなくなります。

かなりの人が、中間管理職フェーズで、体を壊します。そこで、生き残れた人だけ、上のポジションに移れるのです。

Slerの体質の問題点は、結局のところ、中管理職の次フェーズのポストが決して多くないのに関わらず、異常な数の下請け、中間管理職が必死に仕事を安月給でこなしていることにあります。

多くのSEが、IT土方としてその生涯を終える業界体質は徐々に限界を迎えています。

それでは、何故多くのIT土方が転職しないのでしょうか?

人材が流動化すれば、業界全体の給料や待遇は改選される方向に収斂していきます。

スキルを習得したらその分、給料は上積みされるはずですし、終電が定時といった悪習もなくなるはずです。

以前までのSEの悩み
・転職情報が乏しく選択肢が少なかった
・経歴書の書き方など転職の基本が分からなかった
・業界は何だかんだ潤っていると思っていた

しかし、徐々に業界の構造、労働者の認識は変化していっています。

そして、SEを取り巻く環境も確実に変化が生じていっており、より健全な職場を手に入れて人間らしい幸せを手に入れていれやすい環境が揃ってきています。

つまり、現在がそういった移行期であり、徐々に健全な体質に移行していくと考えられています。

それでは、その狭間ににいる現在のSEはどうなるのでしょうか。

今のままSEを続ける人

もしも、今きついけど、何とか耐えられるレベルの環境にいるのであれば、無理にアクションを起こす必要もないと思います。

ゼネコンの構造は、上位カーストに属しているのであれば、美味しい蜜を吸えますし、既得権益を守る側にしっかりと回るべきです。

何かアクションしてみる人

やはり薄らと今がSE業界の過渡期だと感じている人は多いと思います。

そういう危機感のある人は、実際に転職するしないは別にして、今後の自分のキャリアのあり方を考えるべきです。

そういう人には、今は選択肢が増えていますので、SEの4つのキャリアアクションで気になるものから、何かしらアクションをとってみるのが正しいです。

アクションを取る際は、モチベーション維持、イニシアティブを取ってくれる存在は重要で、そういったペースメーカーとなりうる転職エージェントや転職サイトを使いこなすことも情報収集には必要になってきます。

そういった点にも考慮しながら、アクションを取ってみてください。

口コミ評価の高いエージェント1位「マイナビエージェント」

>>マイナビエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.5/5.0 4.2/5.0 4.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント2位「DODAエージェント」

>>DODAエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.3/5.0 4.1/5.0 4.1/5.0

口コミ評価の高いエージェント3位「リクルートエージェント」

>>リクルートエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.8/5.0 3.8/5.0

口コミ評価の高いエージェント4位「JACリクルートメント」

>>JACリクルートメント公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.2/5.0 3.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント5位「ワークポート」

>>ワークポート公式サイト(登録1分、履歴書不要)
求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
3.2/5.0 3.1/5.0 3.0/5.0

転職エージェント比較表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加