MCナースネットの評判が悪く書かれていることが多い理由とは?

thumb_mc-nurse_netMCナースネットですが、評判をネットで検索して利用するべきか検討したものの、悪評については無視して、登録を誘導するような口コミサイトばかりで参考になりませんでした。

口コミでは悪く書かれているのに、登録を誘導してくるのは下記理由からではと感じました。

・MCナースネットに登録を誘導するアフィリエイトサイト
・広告主を刺激しない無難な内容

10件にも満たない口コミ件数で、まるでMCナースネットが使えないサイトかのような誘導を行っており、MCナースネットだけでなく他サイトの評判についても誤解を生むような内容ばかりでネットの評判は役に立たないと感じました。

MCナースネットの悪評をまとめたサイトが悪質だと感じた理由

私がMCナースネットを利用前にネットで評判を調べて感じたのは、下記のような誘導を行ってくる評判まとめサイトが多すぎると感じた点です。

・MCナースネットの悪いクチコミを掲載
・MCナースネットのクチコミ点数を下げる
・ページの下部に不自然なランキングへ誘導してくる

総合力の高い看護師転職サイトと称して、看護ルーなどの他サイトに誘導してくるような内容が多く、本当にMCナースネットを利用した看護師のクチコミが見れないという害悪でしかありませんでした。

またマーケティング企業が運営しているようなデザインが綺麗で、まるで真実が書いてあるような内容のクチコミ比較サイトでも、MCナースネットのおすすめの理由!などと書いていても、冒頭では看護師転職サイトランキングなどと言って別のサイトに誘導するような内容が書いてあり、怒りを感じました。

また下記のような誤解を招く、タイトルをつけるなど検索者の時間を奪う意味のないコンテンツで溢れていると感じました。

・担当チェンジ!など評判が悪いかのような誤解を招くタイトル
・電話に出ないと出るまで電話してきたと主張

また難癖をつけるような弱みとして、営業時間が短い、営業所の数が少ない、求人数が少ないなどと、まるでMCナースネットが劣っているような内容を書いていて常識を疑いました。

MCナースネットの本当の評判はネットでは見つからない

MCナースネットですが全体的な評判として見てみると、利用者の中には満足度は高いと感じる人は多いようです。

特に友人紹介実績がNO1とのことで、下記の点で満足度が高いようでした。

・面接への同行
・保健師など求人が充実

バイト看護師求人にも強みがあるようで、ダブルワークなど希望している人などにも使い勝手が良いサイトなのではと感じました。

私の働く病院は約100床の入院施設のある個人病院でした。3交代制で、月に準夜勤務が4回、深夜勤務を4回、計8回くらいをこなしていました。

また基本的な休みは週休2日制。標準的な勤務体制だと思っていたので、この勤務ついては特に不満は持っていませんでした。

給料については新卒時基本給が、約19万円。そして年に一回昇給がありました。基本給をベースに夜勤手当も出ており、これについても新卒でほかの病院の知識もなかったため、あまり不満を感じていませんでした。

むしろ、新卒で入った時には、まだ技術的に未熟な看護師なのに、こんなに給料をいただいてもいいのかというような少し悪い気すら感じていたほどです。

でも同僚から言わせるとやはり給料はほかのところよりは安いと感じるし、もっといい病院になると給料の昇給が年に2回あり、待遇がいいはず。

だから探せばもっといいとところはあるよと言われていたことで、転職してみようかと考えて、目についた看護師転職サイトのMCナースネットに登録しました。

キャリアアップできる職場への転職について

私の職場では全体としてみると、不満がありながらも退職する看護師は少なかったです。その理由は、その病院が准看護師をたくさん採用していたから。

労働力として准看護師を採用して安い給料で働かせ、ある程度経験を積んでから、病院が補助をして正看の学校に入学、そして資格取得を目指すということを売りにしていました。そのために准看護師の資格しか持たない先輩たちはやめることが出来なかったのです。
しかし私は正看での採用。そのため給料を指摘されたら、本当にここは安いのかもしれない、そう思い始めて自分の給料に初めて疑問を持ったのです。

そんな状況での転職活動したので、MCナースネットでは「給料条件の良い職場」「キャリアアップできる職場」の求人を紹介してもらおうと意気込んでいました。

登録して2週間後に、こちらからコールセンターの電話をしたところ、折り返しの電話がキャリアカウンセラーからありました。

サポートが始まってからコンサルタントの方と打ち合わせをしてもらい、私の経験に基づく想定年収など出してもらえるかと思いながら、求人紹介から始まりました。

その給料が業務内容的に優れているのか、今後のキャリアを考えた時に転職するべき求人なのか、1時間ほどの打ち合わせを行いました。

MCナースネットの連絡頻度はしつこいのか?

冒頭で指摘したミックスなんちゃらというサイトでは、本当にMCナースネットを利用したのか怪しい、出どころが不詳のクチコミに、電話連絡がしつこく、出るまで担当者が電話してきたなどと言っている内容がありました。

そもそもこのサイトでは、看護師転職サイトの口コミが、それぞれのサイトで10個弱乗っているのですが、こんなに均等に規模も違うサイトで口コミの数が揃うものなのでしょうか?

しかも下記のように、MCナースネットがしつこいかのような口コミをまとめているサイトもありました。

・MCナースネットは登録すると電話がしつこい
・求人紹介ばかりしてきて押しつけがましい

個人的には、悪評をまとめているライターも素人で、看護師ですらない人がまとめている悪質なサイトのように思いました。数件のクチコミで、MCナースネットが悪いように書くのは、個人的には好きになれません。

企業運営のアフィリエイトサイトがMCナースネットをしつこいと主張?

これらのサイトの多くは、アフィリエイト報酬目当てで、MCナースネットに登録を誘導するか、MCナースネットをしつこいと主張して、他のアフィリエイト報酬の高い看護師転職サイトに誘導する企業運営のサイトばかりです。

これらのサイトは、小規模のウェブ企業が運営していて、東大生を雇ってクレドがどうたらこうたら語っているベンチャー企業などが、タイトルで悪い評判があるかのような誤解をさせて、サイトに誘導、投資したサイト制作費や人件費を回収しようと躍起になっています。

彼らは、MCナースネットを利用したこともない癖に、学歴があるからと、適当にMCナースネットの利用者をペルソナにして、嘘のクチコミを集計するなど適当なランキングを作成し、登録を誘導してきます。

ちなみに、他の看護師転職サイトの評判を調べると、検索結果で上位に出てくる評判まとめサイト、Cサイトは基本的にランキング上位の2社を冒頭で紹介してきて執拗に誘導してくるのですが、そのサイトがMCナースネットには触れていない点は気になります。

彼らは、基本的には誘導企業からの紹介報酬で、企業単位で巨大サイトを運営しているようなのですが、なぜMCナースネットだけは触れずに検索結果を独占しようとしないのか闇を感じます。

MCナースネットとその他のサイトの違いについて

MCナースネットが凄いと感じたのは、MCナースネットの評判を調べても、広告ではないのに、なぜかMCナースネットの公式ページが一番上に表示されることです。

他の看護師転職サイトは評判を検索しても、殆どがCサイトが表示されていて、殆どの人がCサイトが謎におすすめしている特定の看護師転職サイトに誘導されがちです。

その点では、MCナースネットは評判で調べても、公式ページが表示されるので、評判を知りたい人のニーズには答えられていないにしても、非常にマーケティングが上手い会社なのではと感じました。

ただ、公式サイトを除くと、MCナースネットで口コミとして、すぐに目につくのは、ブランクを考慮してくれなかった、外れ担当者に当たったかもしれない、書類対応で不誠実だった、と言ったよう内容でした。

他看護師転職サイトと比べると、評価としては何故かよくも悪くもない評価をされているのに、なぜか具体的な悪評を取り上げているのは意図的ではと感じました。

その後、他のサイトも含めて看護師転職サイトの利用を進めていったところ、いくつかのサイトでは求人紹介だけは継続して受けていました。

これは基本的に、どの看護師転職サイトにも言えることですが、ビジネスで求人紹介をしている以上、リマインドの電話などは多くなってしまうのは仕方のないことだと思われますが、それを目につくところに掲載して、悪い印象を与えるのはどうかと思います。

そもそもMCナースネットのクチコミが少ないと感じた理由

MCナースネットのクチコミを掲載しているサイトは多いのですが、殆どが数件のクチコミで、他の看護師転職サイトと比べて、評価は普通~悪いとしているところが多いように思います。

そもそもMCナースネットを利用している人が少ないのかもしれませんが、それで比べるのは論理的ではないと強く感じました。

そもそも私もMCナースネットを利用しようと思った時、働き始めて3年半が経過した時、この冬はボーナスが出ないかもしれないという話がありました。

確かにそれ以前から病院の経営が厳しいという話は聞いていましたし、夏のボーナスはかろうじて出たという噂も流れていたので、それは本当かもしれないと思いました。

その原因は医師にありました。それまでは循環器系内科が専門でその医師が常に診察できるということがこの病院のメリットでした。

しかしその前年で循環器の医師が二人退職したのです。それ以降、病院の患者層がぐっと減ってしまいました。循環器の手術もこなしていましたが、その件数も減ってしまったのです。

病院も今後の対策について探っていましたが、なかなか経営を改善する手立てが見つからなかったのでしょう。

とうとう給料にも影響が及ぶということになり、私は危機感を覚えたのです。

そして冬のボーナスは、予定の半分しか支給されませんでした。これが決定打となり、私は転職を決意しました。

冬のボーナスの噂が出た時から、私は求人雑誌を見たり、インターネット検索で情報収集はしていました。それで経験4年でどんなところに就職できるか、また給料は基本的にどのくらいあれば打倒なのかなども含め転職の条件を固めていました。

そしてボーナスが支給されて、新年から本格的に転職活動を探しました。それと同時に病院にも退職を申し出ました。看護部長や人事と面接しましたが、給料を出せないことはやはり病院にも責任があるからと、あまり強くは引き止められませんでした。その点では非常に退職しやすく、転職活動に専念できました

結局、ある看護師求人サイトで地元の総合病院の求人を紹介してもらい面接で内定をもらい、転職先を決めることが出来ました。

転職をした病院では、これまでの経験を加味されたので、基本給は21万円から始まり夜勤は2交代制だったのですが、基本給が上がったので夜勤手当も上がりました。

また以前は有給をほとんど使用したことがなかったのですが、新しい病院では有給を利用することも出来ました。その点では休みも少し増え、しかも有給だったのでメリットは大きかったです。

仕事の内容も以前と同じ内科であり、これまでにやってきた看護技術・知識を生かすことが出来、即戦力として働くことが出来ました。

仕事内容はほとんど変わらず、休みは少し増え、また給料アップの目的が達成できた転職は成功だったといえます。

運営元のメディカルコンシェルジュについて感じたこと

メディカルコンシェルジュは、新宿に本店のある人材派遣会社で、MCナースネット以外にも、MCドクターズネット、MCファーマネットなどの別サイトも運営していて、医療系の人材派遣会社としてやっているようです。

恥ずかしながらMCドクターズネット、ファーマーズネットなどは知らなかったのですが、MCナースネットはどちらかというと彼らのメイン事業なのではと感じています。

そのため評判についてもセンシティブに気にしていて、なぜかトップで公式サイトが来るような評判対策をしているのではと感じました。ただメディカルコンシェルジュの場合は、そもそも情報が少ないMCナースネットのクチコミを見るのに、少し遠回りが必要になってしまうので、公式サイトが検索結果に出ないようするのでもユーザーにとっては悪くないないのではと思いました。

メディカルコンシェルジュネットなどは、同業のエムスリーキャリアに近いものもあり、エムスリーの規模が大きく各所で登録を推奨するサイトが乱立していることを考慮すると、対抗勢力として中規模のこういった会者も社会に必要なのは間違いないと思いました。