エンエージェントの評判が悪い理由は?実際に利用した感想と口コミ


エンエージェントに登録をしても転職がうまく行く気が全くしなかったので私は利用をやめました。

エンエージェントはステマサイトすら積極的にオススメしてこないクソエージェントです。このエージェントを利用する価値がないエージェントだと考える理由としては、

・とにかく求人の数が少ない
・サポート体制がゴミ
・求人検索が使いづらすぎる

という点です。実際に利用してみた口コミもふんだんに紹介していこうと思います。

エンエージェントのデメリットは2chを見れば一目瞭然?

エンエージェントはエンジャパンという転職サイトで有名なen転職を経営している会社が提供するサービスです。

そのため、2013年の創立と新興のサービスとは言ってもサービスの知名度自体は高く、2chで評判を集めることが非常に容易いです。

特筆してあげられていたデメリットは、先ほど挙げた3点になるので、2chの評判を合わせて紹介していこうと思います。

エンエージェントの電話連絡はしつこいが裏がある

まず1つ目のサポート体制がゴミというデメリットに関してですが、2chで多かった書き込みとしては、「登録までの電話連絡がしつこかったのに、登録して経歴が悪いのか希望条件が悪いのか連絡が1,2週に一回くらいになった」というものです。

こうなってしまう理由に関しては、2つ目のデメリットとして挙げた求人数の少なさというものも影響しているようです。

エンエージェントの求人数は都内のみで比べた場合、リクルートエージェントの25分の1、パソナキャリアの5分の1と異常に少ないです。

エンジャパンは老舗の転職紹介企業であるため、多くの取引相手を持っているのではないかと思ってしまいますが実際に登録をしてみると、取り扱い求人数の少なさに驚きました。

求人数が少ないことで、エンエージェントは全くもって対応できない職種が多く存在しており、IT土方と呼ばれるプログラマー職ですら取り扱っていない場合が多いようです。

そのため、登録者の経歴が問題なくても、希望職種がエンエージェントの得意な求人とマッチしない場合は連絡がしつこくなくなりますが、放置され続けたり、一応載せている釣り求人には応募しても自動で不採用通知がくるようなお粗末さ加減なようです。

転職相談だけ考えるにしても求人が出てこない

次に求人検索が使いづらいという部分に関してですが、私が登録していた時もその部分にはかなり不便を感じていました。

具体的には勤務地を絞り込んだ求人検索機能が搭載されておらず、全国展開している営業所などが引っかかってしまい希望の条件の求人にたどり着くまでに時間がかかるということです。
このようになってしまう理由としては先ほども紹介したように求人の数が少ないため、勤務地で絞られた場合に求人数の少なさが目立ってしまうことを隠す目的で行っていると考えられます。

エンエージェントは転職相談のみでは、営業職である場合はある程度業務内容についての説明、今のキャリアから目指せるレベルなどについて教えてくれるようですが、他の場合はかなり適当なサポートになるようです。

私の場合は営業職ではなく、企画職への転職を検討していたため、序盤の面談と診断が終わってからしつこい電話も鳴り止み求人の提供もかなり減っていました。

求人数の少なさが結果的に、取り扱っている職種の幅が狭まることに繋がっていくため相談だけでの利用価値も職種に応じては全くの無意味となってしまうため、本命のエージェントで相談を受けるのが無難だと考えられます。

エンジャパンの企業体質がサポート体制に支障をきたしている?

エンエージェントのサービス体制は、求人の少なさという点で提供しているエンジャパンには転職サイトであるenジャパンの持っている欠点、それに加えてエンジャパン自体の企業体質の欠点が如実に現れています。

エンエージェントはエージェントの中でも数少ない、サポート用のマイページがスマホアプリで提供されています。

基本的な機能としては、スケジュール管理、メッセージアプリと同様の使い勝手で担当者とメッセージのやりとりができるなどという便利なものになっています。

2chに多かった書き込みとしては、メッセージが既読にならないのにも関わらず、求人の不採用通知だけ来る、メッセージが既読になっても返事が来ないということがしょっちゅう起きているようです。

このような状況に陥るのは、エンジャパンがエンエージェントに割ける人員が少ないこと、ノルマの厳しさによりエンジャパンそのものを離れる人が多いことの2つが理由となります。

エンエージェントはen転職とは異なり、売り上げを上げるための手段が転職を成功させることによります。

ですが、求人数の少なさや規模が広がらないことを考えるとそこまで利益を上げられておらず、エンジャパンは年々エージェント業に割く人員が減っていることからサポートが手薄になっていると考えられます。

次にエンジャパン自体の転職会議を見ている限り、エンジャパンは企業体質的にノルマが非常に厳しく業務量も多くなるようで、企業向けのコンサルなども行う中で独立や、他社の採用担当などへ転職する人があとを絶たないようです。

そういった部分もエンエージェントのサポート体制が薄まる原因になっており、成果に結びつきにくい登録者への対応は無に等しくもなっているようです。

エンエージェントのメリットは適当に書いたものばかり?

エンエージェントの評判を調べていて目に付くメリットの部分は使ったことがある人であれば、本当にそうなのか?と疑いたくなる程のものが多いです。

よく紹介されているメリットは、

・親身に相談に乗ってくれる
・性格診断、適職診断の評判がいい

という2点となっています。

しかし、この2つのメリットは正直どのようなエージェントにも当てはまるありきたりなメリットですし、エンエージェントの場合このメリットが活きるのは特定の状況下のみのようですので、それについて口コミと合わせて解説していきます。

利用を断られていると勘違いするレベルの塩対応

エンエージェントを利用したのは新卒で働き始めてから約一年後でした。

前職はwebエンジニアで、新卒で入社した会社は研修の充実度から選択しました。

規模が大きい企業だったので、もう少し自分の関われる範囲を広めたいと考え、今よりも小規模で、かつ収入は同じくらいの企業への転職を希望しました。

転職活動といっても細々と、もし見つかったら転職もいいな…くらいの軽い気持ちで始め、SNS広告に出てきたエンエージェントへ登録、無料の相談会で参加しました。

登録が終わってから適職診断と性格診断を受けて待機をしていたのですが、エンエージェントからその後連絡が来たのは2週間後ほどで、対応の遅さが非常に目につきました。

当時はそれほど転職活動に熱心ではなかったものの、同時に登録させられたen転職から何度も送られてくる紹介メールがしつこいだけで、エージェント本体からの求人はブラック求人ばかりだったので、結局別のエージェントで転職をしました。

こう言った口コミにもあるように、エンエージェントは診断を使って、何かしらの基準をもとにしてランク付けをしているようで、対応にはかなり差が出るようです。

この方の場合は大手のwebエンジニアから中小への転職を考えていたことから、技術専門職の求人数が少なかったために、対応が適当になったのではないかと考えられます。

ブラック求人を紛れ込ませてうまくノルマを上げようとする

私がエンエージェントを利用したきっかけはキャリアアップを目指す目的があったからです。

前職は塾講師で年収は400万程でしたが、次の希望としては、営業職で年収は500万程で、残業が多少あったとしても、将来的な事を考えて高収入を追い求めました。

エンエージェントで紹介された求人は、どれも自分では探せないような優良求人ばかりに感じました、転職サイトで調べている中では見れないような有名企業も一応ありました。

中小企業の求人も多く、最初は大手ではなくて中小企業の営業から始めてみようと思っていたのですが、よく見てみるとインターネットで評判の悪いブラック企業が多かったです。

最終的に中小企業の営業職でわたしの提示した条件に当てはまった会社で、ブラックでは無さそうな何社か応募して、その中の1社からなんとか内定を取ることができました。

自分にとって、はじめての転職だったので、右も左も分からない状態でのスタートでしたが、求人にブラックが平気で混じっている部分以外ではエンエージェントは終始丁寧だったと思います。

1点だけ不満があったとすれば、もう少し具体的な面接対策をしてもらいたかったです。

先ほどの口コミとは異なりエンエージェントからのサポートはかなり良かったようです、営業未経験から、営業職への転職ということもあり、エンエージェントの得意分野だった可能性があります。

それにしても、ある程度親身なサポートがあったとはいえ求人に関する詳しい情報などはなく、しれっとブラック企業を紹介してくるあたり気をつける要素になりそうです。

エンジャパンの企業としての地盤の緩さが表れた口コミ

実際に転職した所は、他社さんの紹介で入ったのですが、対応はエンエージェントが一番良かったので書かせて頂きました。

元々飲食店で店長業務を行っていましたが、年収450万に対し月刊のサービス残業は80時間を超えていたため、第一条件として労働環境の良さを求め人生において2回目の転職で、サービス業若しくは営業職を希望していました。

その際に最初に紹介された職種としては、自動車買取の営業職で、年収は歩合込みで平均500万程という事でした。

紹介される限りでは労働環境は良いように感じましたので面接を受けましたが、残念ながら面接時に違和感を感じてインターネットで調べてみたら、かなりブラックのようで、その間に他社に決めてしまいました。

しかしながら、細かい条件もしっかり聞いたうえで、現実的な部分も指摘して頂いた事を活かして他のエージェントでしっかりと転職することができました。

ですが、唯一不満点を挙げるとするのであれば、担当の方が途中で一度交代したことです。もちろんのっぴきならない事情があったのでしょうが、やはり転職中に担当の方が変わると不安が増加してしまいました。

こちらの口コミも先ほどと同様に営業職を目指す人の口コミになりますが、エージェントからかなり親身にアドバイスをもらうことができていたようです。

ですが、やはりブラック求人をなんやかんや理由をつけて受けさせている部分を見ると先ほどの口コミと同じような形になります。
エージェントの途中交代に関してはしょっちゅうあるようで、その原因に関してはエンジャパン自体の人員の入れ替わりが激しいことにもあるようです。

他のエージェントと比べて求人数が少なく、そこまで多くないパソナキャリアと比較してもせいぜい20%程度ということもあり、結果を上げられない担当者は別の部署に異動になる、もしくは転職してやめるということが横行しているようです。

人員の安定していない企業を利用しての転職活動は不安も多くなるため、人員の変動にも対応ができるなれたエージェントで転職する方がいいかもしれません。

営業職希望だと利用を断られることは少ないがブラックばかり

登録時に、現在の働いている職業として自動車関連の卸売業として年収450万円で登録致して、希望した条件としては職種は問わず営業職で年収400〜500万円で登録致しました。

また、希望の就職場所も自宅から近いところでというのをいれると、紹介された求人としては全国展開を行っていて、各県・各市に店舗を持つ不動産関係の営業職で勤務地は希望に応じて選べるところは良い点でした。

しかし、年収の面で基本給が少なく、歩合制の出来高払いがほとんどでなかなか実績を残し続けないと安定しないという面で他を探す事にしました。

次に紹介されたのは、こちらも全国展開をしていて自宅から近いところに営業所があるソーラービジネスを行う会社で、こちらも勤務地に応じるというところで良い点でした。

年収も500万円と良い条件でしたが、ネット上の書き込みで拘束時間が長いや会社からの圧力がきついなど悪いことばかり書いてありましたし、周りから聞いてもブラック企業だよという声が多数。

ですのでこちらも止める事にしました、転職サイトとして対応の早さは迅速でよかったのですが、なかなか難ありな求人しかないのは不満なところです。

こちらの口コミは営業職への転職を検討していた方なのですが、ブラックな求人の多さに結局利用をやめた方でした。

これで一旦口コミの紹介は最後になるのですが、募集した口コミの中でも多かったのが営業職に転職を目指していたがダメだったという人でした。

得意分野での転職サポートもまともにできないのはエージェントとしての存在価値を疑ってしまいます。

営業職の口コミばかりになる原因は?

紹介した4つの口コミのうち、3つは営業職の口コミでした。

他のサイトを見ていても営業職の口コミがかなり多く、それ以外の職種としての口コミは少なかったです。

私が利用した際もそうだったのですが、エンエージェントのやり方としては営業職の求人を最初に紹介して、それに対する反応がなかった場合はサポートがかなり手薄になるということです。

そのため、営業職を目指していない人にとっては、求人の紹介が途絶えてしまい、連絡も薄くなるのでサポートの詳細などについて触れることができずに結果的に口コミを投稿できないようです。

こう言った理由から考えてもエンエージェントを利用する価値は非常に薄いものとなっており、新興のサービスと言えども経営母体自体は転職業界でかなり長いことから考えても、新たな方向に成長する可能性は低く、登録しても無駄な可能性が非常に高いと考えられます。