ナース専科求人ナビの評判が悪い理由について実態を暴露

ナース専科求人ナビを利用しましたが、ネットの評判を見ても、利用者の評価は非常に悪く、個人的にもお勧めできない転職サイトだと感じました。

理由としては、下記です。

・運営元のエス・エム・エス キャリアの評判が悪い
・姉妹サービスのナース人材バンクのしつこさ

電話連絡がしつこい「ナース人材バンク」を運営するエス・エム・エス キャリアだけあってか、ナース専科求人ナビも登録すると非常に連絡が多く、登録さえしなくてもいいというのが個人的な感想です。

ここでは、私が感じたナース専科求人ナビの評価と一緒に、看護師がナース専科求人ナビを利用するべきではない理由について、まとめておきます。

ナース専科求人ナビの評判が悪い理由について

私が勤めているのは消化器内科を主とするクリニックでしたが、以前勤めていた所もクリニックで産婦人科、婦人科疾患、そして何より特徴でもあった不妊治療に特化した職場でした。夜勤に入っていると休憩や仮眠が1時間もらえる事のほうが珍しい現場でした。

そんな時に、登録したのがナース専科求人ナビでした。ただ、一言で言うと、ナース専科求人ナビの評価が低いのは下記の理由からです。

・電話連絡のしつこさ
・求人の質が微妙

クリニックは19床以下でなければならない所、褥婦さんや切迫流産、早産、悪阻で治療中の方で病室が満床になると別の階にベッドだけが並んで、プライバシーといえばカーテンで仕切られている程度の場所に入院をしてもらう時もあり、どうしてもナース専科求人ナビで早めに求人紹介してもらう必要があったのです。

この時点で満床とは名ばかりだと感じ、患者さんはもちろん入院の必要性があって無事に出産を迎えることができるように来院されたことは分かるのですが既に満床なことを把握しているのに、スタッフ負担の事も少しは考慮して欲しいと思っていまて、担当者の人にも伝えていました。

また夜勤は助産師さんと看護師の2名のみで従事するため、未分娩の方がいると助産師さんはその方に専念されるため病室回り(母子のバイタルチェック、点滴の管理や更新、NST、適宜新生児に対しての対応など相談)や新生児のミルクの授乳、オムツ交換などを一人で行わなくてはならなかったことが多々ありそのような状況が続いたことが何より身体的、精神的にも疲労が溜まりました。ただ、実際にこの辺りの希望や現職への不満が、ナース専科求人ナビの担当者さんに伝わったとは思えませんでした。この辺りも、ナース専科求人ナビの評判が悪い理由なのではと感じています。

なぜナース専科求人ナビは電話連絡しつこいのか?

そして今の職場に転職をと思った最大の理由が夜勤の翌日は休みではなくシフトによって日勤勤務をさせられるということでした。院長は就職時の面接の時に伝えていると言っていたのですが、そこは必ず聞いておらず納得がいかないまま結局その体制は変わることなく離職に至りました。

ここでも、登録していたナース専科求人ナビからは、しつこく電話連絡がくるばかりで、微妙な対応ばかりされていました。

そして現在のクリニックへ転職する決め手となったのが入院はなく外来のみで、午前診察が12時、午後診察が19時までということ、自宅からの通勤が近いとうことからナース専科求人ナビ転職サイトを通じて就職となりました。前回面接時に苦い思い出があるため疑問に思っていたことは質問でき納得した状態で就職できたと思っていたのですが、実際に働いてみるとそこは地域で評判のあるクリニックでもあったため毎日毎日たくさんの方が来院され日々多忙でした。

恐らくですが、ナース専科求人ナビの電話連絡がしつこい点については、多くの利用者が口コミでも投稿していて、仕方がないことなのかなと思いました。

多忙だけなら仕事自体充実していると思うのですが、患者さんには対応もしっかりされ優しい院長も対スタッフになると明らかな不機嫌な声で一つ返事で確認したことを返されたり、仕事にスピードを求められることは当たり前になっています。

そして何より1番驚いたことが採血時に何の項目の採血をするのかわからないまま患者さんに実施させてもらう時があることです。ほとんどが採血時にスピッツに貼るオーダー用のシールが印刷されるのですが、午前なら午前、午後なら午後の診察終了時に本日印刷されていない方のお名前を伝え後からオーダーを出してもらうという流れになっていることが入職時は本当に驚きが隠せませんでした。

ナース専科求人ナビはナース人材バンクのリブランディング?

そして実際本当にどうしようもなく忙しい時に患者さんの採血が実施されないまま帰宅されたことがあり、あろうことか看護師サイドのミスだと言われた時はここで働いたままだといつか看護師免許が失われるかもしれないと危惧したことを今でも時々振り返ることがあります。

しかしそのことがあってから院長自身も気をつけるようになったのか最近はほとんどオーダーを欠かすことなく診察されています。

他の不満としては時間給で配給されている給料なのですが所定時間外労働として6時間は確実に経過しているのにもらえる給料は2000円台と給料明細を見たときは正直何のための時間外なのかと労働意欲が湧きませんでした。

ナース専科求人ナビをなぜ、エス・エム・エス キャリアがナース人材バンクと一緒に運営しているのかという点ですが、ナース人材バンクの悪評がネットに多くなり、それを消すよりも、新しいサービスを運営した方が手取り早いからなのでは?というのが個人的な意見です。

毎月ムラはありますが時間外は発生していますし、それに見合ったお給料なのかもわかりませんが、できればこの時間外は見直していただきたいと思っていまして、ナース専科求人ナビの担当者にも話しました。

こんな環境でもなぜ転職しないかと言われると何より職場の先輩看護師さん、事務職の方が本当に素敵な方ばかりで忙しくてもお互いにフォローしてもらえてミスを防げるような環境であるためで、その点ではナース人材バンクを長年運営しているエス・エム・エス キャリアはうまいなというのが感想です。

前述したクリニックでは人間で悩むこともあったため今の職場はすごく働きやすい環境であるため当分はこのまま努力させていただきたいと思っています。それに常々多忙なわけでもなく落ち着いているときは嵐の前の静けさのような日もあるため穏やかな日をありがたく思いながら、これからも働けるように頑張らせていたただきます。

ナース専科求人ナビは単発求人ばかりの理由

泌尿器科のクリニック勤務です。不満は、ズバリ!先生ですね。もともと友人が勤務していて、彼女から誘われたのがきっかけです。病院勤務時代は、泌尿器科の病棟と外来で10年ほどの経験があったので抵抗はなく、友人と一緒に働けるのも魅力でした。

給料がさほどいいわけではないですが、クリニックだからと、そう気にはなりませんでした。医事課スタッフも良い人達で、チームワークは良かったですが、結局はナース専科求人ナビに登録してしまいました。

ただ、この先生、もの凄く気分にムラがあるうえ、なんというか「仕事できる俺」「患者のこと考えてる俺」に酔うタイプの自分大好き人間。不機嫌な時は、スタッフに対する態度もパワハラ寸前で、ナース専科求人ナビでは、長期のお仕事を依頼しました。

多分、医者としては結構有能なのかもしれません。クリニックなので、専門の検査はエコーと膀胱鏡くらいですが、診察時のエコー画像から膀胱鏡での確定診断にほぼ間違いはなく、そういう面では、患者の受けは良いようです。

おまけにクドイ。特に、自分が見つけた病気で紹介などした日には。

先日も、子供の睾丸捻転を見つけて大学に紹介した後、しばらくの間、「いや〜、間に合って良かったよ」「すぐに緊急オペだったって」などと、しつこいくらい続く自慢話。かなりナース専科求人ナビの担当者ばりにうざかったです。結局、ナース専科求人ナビでも単発求人ばかりで退会したのですが、最悪な病院で勤務してしまう前に、信用できる転職サイトを見つけておかないとダメだなというのが感想です。

患者さんには、カテーテル交換や自己導尿の人などもいるので、結構常連さんが多く、また、性病の若い男性もそれなりに来院するので、仕事の内容としては面白い方だと思います。

ナース専科プラスは本当に利用するべきか?

患者が増えて、私の入職数ヶ月後には看護師スタッフが一人増えました。彼女もいい人です。そうです、スタッフにはなんの問題もないんです。

それが友人の妊娠〜退職で一変しました。彼女は妊娠後期に入ってから、勤務をパートに変え、退職の意向も伝えていましたが、先生がなかなか承諾しませんでした。

なんせ、クリニックで一番のベテランで患者受けもいい人なので、辞められたら困るというのが理由でしたし、ナース専科プラスに登録したのもこの時期です。

それ以前から、勤務体制については色々ともんだがあり、一番は、休めないことでした。ギリギリの人数ではあったかもしれませんが、それでも「お互い様」だから勤務調整して休もうと、スタッフ間では話していたのですが、ナース専科プラスを利用しながらも、休みを申請した時の先生の態度が、とにかく冷たい。「責められてる?」と感じるくらい冷たいのです。

なので、休みは取りにくく、子供の入学式があるスタッフでも、休みは半日がやっとで、ナース専科プラスも利用するべきではないと感じました。

友人が退職を決めたのも無理からぬことでした。彼女の退職をきっかけに、私自身も退職を考えるようになりました。

ナース専科を退会するべきか?

ナース専科を退会することになったのも、ナース専科で紹介された求人が最悪だったことからでした。働くことにした1番の理由がなくなったからです。

彼女の退職後、新しい人も入りましたが、先生の気に入らなかったのか、パワハラを受けてすぐに辞めてしまいました。医事課のスタッフも1人辞め、入職当初のチームワークの良さが消えてしまいました。

残ったスタッフも(看護師の補充も、その後ありました。今のところパワハラも炸裂せず、退職には至ってませんが)、確かにいい人達ではあるのですが、もう、自分が働いていたい職場ではなくなりました。ナース専科に同時に登録していた知人も、同時に退会してしまいました。

雰囲気は随分変わりました。未練はありません。

ナース専科とハローワークではどっちがましか?

私が現在勤務しているクリニックでは、正社員としての看護師が私1人であって、パートの看護師や準看護師は仕事に対してのモチベーションが少ない状態で、目に余ってしまうので、ナース専科に登録したのですが、ハローワークのほうが求人の質はマシです。

一般的にはハローワークは、全くやる気がなく、ミスは多く、院長に訴えても、改善する見込みがなく、首を切れば良いと考えている病院の求人が多いのですが、募集をかけても看護師が集まらないこと、現状が変わらないことで、ハローワークでさえ看護師が見つからない病院が、ナース専科で募集をかけている事例が多いように感じます。

大いに大変な不満を抱いております。業務において、私が彼女らに指示をしても、全くわからないという表情や仕草が多く、「なぜやらなくてはならないの?あなたが正社員なのだからやればよいのでは?」といった感じになります。

看護師求人がハローワークに多い理由

そのような表情や仕草等を看護師である私に見せるのは百歩譲っても良いとは思いませんが、たまに患者に見せることもあり、患者さんからもこの病院大丈夫か?といった口コミがネットであふれかえっておりますし、その点ではハローワークは酷いという点には、私も賛成です。

ネットでそのことを見つけたら、必ず否定することが日課になってしまう事があります。

たまに処置を間違ってしまって、私の再チェックが何度も何度も必要になってしまう事が多く通常の業務が忙殺されてしまう毎日です。

ハローワークの担当者に、現状を伝えても人の噂も75日といって取り合ってくれないのは確かですが、実際に民間のナース専科に真面目に相談しても、ゴミ求人しか紹介してもらえません。

人の命を扱うということを念頭に置いてほしいと思います。

ナース専科の求人の質について

彼女らのモチベーションが上がらないのは給料の低さにもありますし、ナース専科の求人の質の悪さも、そこから派生しているように個人的には感じました。

私とほぼほぼ同じ業務を行って、月に20万円以上も差があるのは、院長の対応においては正直やりすぎではなか?と思っています。まあ、同額程度とは言いませんが、社員とパートに待遇や給料において差があるのは当然ですし、間違っているつもりもありません。私にもクリニックを守ってきたと言いますか、譲ることの出来ないプライドや自負があります。

当然、求人の質が高いなら、利用者からの評価もナース専科はおのずと高いですし、それを皆が知っていますし、患者や院長からも多くの信頼をいただいているのもあります。

私がクリニックで働かないとクリニックが回っていかないという自負もあります。

院長が決断をなかなかできないのもわかりますが、一切やる気のない人間と仕事をしたくないのでこちらもやる気がさがりますし、イライラすることもあります。彼女らへの待遇を見直してある程度は高くして、やる気を出させる方法を実行すべきだと思います。

実は転職をしようと考えておりますが、私が転職をしようと誰にも言っていないのに、待合室では私がどうやら転職をするという雰囲気があり、実際に患者さんからも他の病院に行かないでほしいと言われてしまった為、なかなか踏み切れないのもあります。プライドが高いので、私がいないとこのクリニックは回らないという思いが邪魔をしてしまい、転職に踏み切れないです。少しでもパートの看護師や準看護師の待遇が良くなって
給料が上がれば(もともとスキルがありますし、やる気がない理由は待遇にあるのは誰もがわかっていますので)やる気がでるはずですし、責任感が増すと思います。

どうしてもナース専科を利用するならアプリか

今のクリニックに勤め始めてちょうど12年。12年前は、役所で臨時職員として保健指導などを行なっていたが、看護師として現場で働きたいと思うようになっていて、ナース専科のアプリを利用して勉強した。

ただ病院で働くとすると子どもが小さかったので、夜勤がないことと、そして当時は近隣に日曜日、祝日に子どもを預ける保育所がなかったので、休日がその曜日であることも条件であった。

そんな時にとあるクリニックの開院案内と看護師募集との記載があった求人広告を見たことがきっかけで面接を受け、現在の勤めているクリニックに働くことなり、ナース専科のアプリを使っていたことは非常に役に立った。

クリニックは、院長が消化器外科の医師、副院長が院長の妻であり糖尿病専門医を持っている内分泌科の医師であった。また、看護師長は院長が開院前に勤めていた病院で一緒に働いたことのある顔見知りの看護師であった。開院当時のスタッフは医師夫婦と看護師長の他に看護師はわたし、臨床検査技師兼ヘルパー1名、受付2名であった。結婚前は、250床ほどの病院に3年程勤めていた。看護師長も総合病院出身であったり、無床のクリニックで働く経験がなくオープンを迎えるという大変さは今でも覚えている。

大病院では、レントゲンの依頼があれば、病室から患者様をレントゲン室にお連れするところまで、ナース専科のアプリでは勉強ができた。

採血の依頼があれば、患者様に採血をさせていただいて検査室に検体を運ぶまでが仕事であった。それが、クリニックとなると医師がレントゲンを撮るまでの準備、採血後の検体は臨床検査技師に習って検査結果を出せるように機械にかけるところまで行うことを開院前に覚えることは大変なことであった。

外来患者が徐々に増えていき、看護師もその後4人に増えた。開院当時より、看護師長が家族と過ごす時間よりもお互い顔を合わせる時間が長いのだから楽しく働こうと言われたことがあった。12年の時が過ぎ、その想いは忘れてしまったのだろうか。

現在は、看護師長のスタッフに対する叱責が過剰となり、ある時には看護師長のミスも認めず、またその報告も院長の前で自分を取り繕うためなのか、嘘をつくような事態にもなってきてしまった。機能言ったことがが今日は違うということは頻繁でスタッフの信頼関係にまで影響が出ている。確かに、このクリニックで働き始めた当時から言葉が強いところはあったが、不快なものでなくむしろその人を想っての発言だと感じていたのだが、狭い社会において人間関係がこじれるのはとてもつらいことだ。

そして、法人化してなければ個人医院は医師国保という保険であることも。年金は厚生年金で雇用保険もあるのだが、産休、育休の手当はあるものの、もしも長期的な病気になって休職をしなくてはいけない時に社会保険のように療養手当金はないが、ナース専科では触れられなかった。

そうなった場合には、お給料がでないので生活苦になることを考えると退職して失業保険をいただいた方がいいのだろう。晴れて、病気が治っても求職活動をしなくてはならない不安も持ち合わせなくてはならない。

以上のような経緯から、人間関係がいい職場を望みたい。また医師国保でなく、社会保険にしてもらって病気になった場合も安心して働ける保障がほしい。退職金がないため、長く勤めてもメリットもないところも改善していただきたいと思う。

タイトルとURLをコピーしました