doda(デューダ)の評判が悪い理由とは?実際に利用した感想

doda(デューダ)の評判が悪い理由とは?実際に利用した感想

転職時に利用した「doda」だが、2chなどの掲示板では、しつこい電話連絡が多いなどと評判は悪いものの、ネット検索では評判が良く書かれていることが多い。

ネット検索で出てくる評判サイトで、ゴリ押しされている理由が下記。

・登録に誘導した時の紹介報酬が高い
・DODA出身者が提灯記事を書いている

悪い評判については黙殺している評判まとめサイトが多く、広告主であるdodaに配慮してかデメリットは書かれていないことが多いが、そうした提灯記事に騙されず、利用するエージェントは吟味するのが大切だと痛感した。

ホワイト求人の紹介が多かった転職エージェント

評判まとめサイトで推奨されていたエージェントに登録したが、普通にブラック求人の紹介が多く、途中で退会した。

その後「転職を急かしてこない」「ホワイト企業の求人紹介」を基準に転職エージェントを探したところ、最終的に利用したのがマイナビエージェントだった。

thumb_mynavi-agent_jp>>マイナビエージェント公式サイト(登録1分、経歴書不要)

他の大手エージェントと違って、利用期間は無期限なので、転職を急かされることなく、希望通りのホワイト求人を紹介してもらうことができた。

「経歴書作成などのサポート」も、他のエージェントに比べて圧倒的に手厚く、自信を持って選考に臨めたのも内定獲得につながったと感じた。

元doda出身者などが運営する評判まとめサイトの嘘臭い評判に騙されないために

元doda出身者、リクルートエージェント出身者などが運営する「転職エージェントの評判まとめ」を参考に、転職エージェントを選んだが、全体的にサイト運営者に評判が操作されていて嘘臭い口コミが多いと感じた。

特に、個人的に信用できないと感じたサイトが下記のような内容だった。

・利用者500人の口コミを集計したサイト
・元転職エージェントが各エージェントを評価するサイト

上記のような「転職エージェント口コミサイト」の場合、利用者をエージェントに登録させるアフィリエイト報酬目的で、口コミを操作しているので、根拠の薄い内容が多く全く参考にならない。

dodaについても500人から調べた!などと言って、エージェントの特徴が書かれていても「1位:リクルートエージェント!」「2位:doda」などと登録を誘導してくるだけで、全く当てにならない。

特に、元転職エージェントが書いているブログ記事などでは、自分の出身エージェントに配慮して高評価しているだけで、ブラック企業を紹介された事例などの深刻な口コミには全く触れておらず、信用しないほうがいい。

元エージェントが語るdodaの評判の信憑性について

dodaの評判を調べて感じると思うが、元転職エージェントが利用者の口コミを評価して、特定のエージェントを利用するように誘導してくるサイトが多い。

とにかく彼らは古巣に配慮してか、悪い点について書いていても、古巣を刺激しない程度の無難な内容を書いているだけで、結局はDODAに登録するように誘導してくる。

説明するのに都合の良い口コミのみ抜粋して、ひたすら長い無意味な文章を書いてから、dodaかリクルートエージェントを利用するべき!とまとめる傾向があるのは明白。

具体的には、doda出身者と自称する「元転職エージェント」が、それぞれの転職エージェントについて裏事情と称して(実際には古巣に配慮して全く裏事情は語られない)評価するが、信憑性を全く感じない。

特に、2chなどの書き込みを抜粋して評価していくのだが、悪い内容のクチコミがあっても「担当者によっては」「職務経歴によっては」などと、悪い対応をされたのがイレギュラーであるかのように説明する傾向がある。

いくら口コミを分析していても、最終的には推奨されるエージェントは決まっていて、結論ありきでの評価でしかなく、古巣を悪く言えない事情が見え隠れしているため、参考にならなかった。

doda(デューダ)の他エージェントとの違い

doda(デューダ)は人材大手のテンプグループに買収されたこともあり、運営母体のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)はリクルートエージェントに次いで業界2位の規模なので、保有求人数は多いのは確か。

特に「デューダ」「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」の業界1位~3位のエージェントは、求人データベースがほぼ共通なので、保有求人数には差がなく、日本国内で募集中のほぼ全ての求人を網羅している。

※JAC、パソナキャリア、ワークポート、Spring転職エージェントなど中小エージェントは利用している求人データベースが少なく、紹介できない求人は存在している

ただ、保有求人数が多いからといって質の高い転職ができるわけではなく、大手3社でも違いがあり、それが下記の3点。

・求人紹介の質
・内定獲得のための転職サポート
・転職サポートの期間

doda(デューダ)やリクルートエージェントは登録者が多いため、カースト制のように転職市場価値の高い登録者のほうが優遇される傾向は強く、高年収なほど、資格など経歴が優れているほど、質の高い「求人紹介」「転職サポート」が受けられる。

逆に転職サポート期間は3か月のみなので、ある程度早めに転職する必要があるというデメリットがある。

マイナビエージェントは大手でも登録者は少ないため、転職サポート期間が無制限なのと、年収や経歴が優れていなくても全体的に質の高い転職サポートが受けやすいという構図になっている。※マイナビエージェントの場合は、期限がないので自分で転職活動のペースを作れない人には向いていないデメリットは存在している

しつこい電話連絡と釣り求人への対策

dodaのクチコミを見ると、釣り求人があった、登録後の電話連絡がしつこい、などといったデメリットを挙げるケースも多い。

ビジネスモデルでも触れましたが、マイナビエージェントなどとは違って、dodaは3ヶ月間しか利用期限を設けないことで、効率的に転職希望者を転職させる利益構造になっている。

それなりに登録者を急がせる必要はあるために、登録後から電話連絡など頻度が多く、多少はしつこいと思われても、学校の先生のように口うるさく言ってくる点に逆にニーズがあるのではと見ている。

同様にリクルートエージェントも転職期限は3か月の設定になっており、登録者を広く受け入れる分、自動化している部分も多く「効率重視」「登録者の優先付け」を徹底していると考えられる。

また釣り求人と言われる、既に募集していないのに条件が良いから掲載している求人についても、大手の場合は、連絡体制が複雑化しているために一部見られる。

他サイトでは触れられないdodaの特徴について

他サイトだと転職エージェントの強み、弱みを長々と書いていても結局は下記の2パターンでしか語られない。

・求人の数が多いor少ない
・担当者のレベルが高いor低い

元転職エージェントが語ろうが、利用者アンケートを取ろうが、上記の組み合わせを各エージェントに適用して順位付けし、おすすめのエージェントは「リクルートエージェント」「doda」です!と誘導しているだけ。

結局のところ、元doda出身!など権威付けしていたり、利用者500人から集計した!など色々と集計していても、結論としては関係の深い特定の転職エージェントがおススメされているだけで「リクルートエージェント」「doda」に登録しましょう!というお決まりのパターンで終わる傾向がある。

ここでは他のステマサイトでは触れられない弱み、強みについて触れます。

典型的なdodaを褒める記事で言及されがちな強み

フェアになるように先にdodaのメリットについて触れる。dodaの場合は企業側から直接スカウトが来るだけでなく、特定求人を担当エージェントが積極的にゴリ押ししてくるので、書類選考免除など一部優遇を受けやすい点ではメリットと言える。

背景にはdoda自体が、リクルートグループをベンチマークに焼き直しのビジネスモデルを使って、ここまでの巨大企業になったという事実があり、根本的には対外的な営業力が高い会社であるため。

転職サイトとしての機能面も、下記のようにユーザーを「とにかく転職させることに特化」した強みになっていると感じた。

・案件数は多い
・求人検索と転職サポートを同時に利用できる
・地方居住者もオフィスで面談してもらえる

特徴をまとめると、営業力と規模を生かして幅広く業種、職種、対応エリアをカバーしているイメージ。

弱みをあげるとすれば、どこに住んでいようが、どんな職種を希望しようが、一定の水準のサービスを提供できるエージェントということで、凄く相性が合うというエージェントには出会いにくいように感じた。

ただ、転職する人は、平均で3社の転職エージェントに登録しているというデータもある通り、平均点以上のエージェントを見つけて利用するのが難しい現状がある以上、一定水準のサポートをしてくれるdodaは、利用するエージェントの候補として挙がりやすいと考えられる。

転職エージェントは2番煎じの会社でも、2番手3番手企業として大きく成長できるマーケットであるため、ある程度業界トップ企業と同じようなことをしてもユーザーは増えるので、その点を考慮してもdodaは上手いなと感じた。

案件数が多くマッチング率が高い

2018年8月現在、公式ホームページを確認すると、非公開求人数が約9万件あった。約10万件のリクルートエージェントに比べて若干数は落ちますが、90%位はカバー。

ちなみに、公開求人は1万件程度なので、無料登録して初めて非公開求人にたどり着けることは念のため記載しておく。

つまり、約9万件の非公開求人という大量の案件を抱えるdodaは、その分、転職希望者に沢山の選択肢を提示することができる。エージェントも、業界に応じて得意な専門の担当者がいたり、多様なニーズに対応できるマッチング力があるのは間違いない。

・転職サポートと求人検索機能を同時に受けれる

インテリジェンスは、リクルートグループと一つ異なる点がある。それが、インテリジェンスに無料登録した人は、担当エージェントによる無料の転職サポートと同時に、検索機能を持った非公開求人の求人検索機能が利用できる。リクルートはこれとは違って、リクルートエージェントではエージェントによる転職サポートのみ、リクナビNEXTで求人検索機能を提供している。

つまり、リクルートグループでは、それぞれのサービスに別々に登録しないと両方のサービスは利用できない。

※リクルートエージェントも登録時にリクナビNEXTに登録するか選択はできるが、あくまでIDなどはそれぞれ別で管理される。そのため、インテリジェンスでは、転職サポートに登録して、エージェントと面談を受けた後も、自分のペースで求人を検索でき、その求人についての担当も担当エージェントにスケジューリングや、面談練習なども依頼できるため、自分主導で転職活動を進められる。

・地方居住者もオフィスで面談してもらえる

リクルートエージェントに登録していれば、どこに住んでいようと同様のサービスが受けれるので気にならないのですが、インテリジェンスも地方に多くのオフィスを展開しており、地方在住者でもオフィスでエージェントと面談をすることができる。

希望しなければ、もちろん電話で面談してもらうこともできる。オフィスが地方にあることのメリットとしては、法人営業担当者が直接地元の企業の採用担当者とコミュニケーションが取れるので、案件が集まりやすい。中堅以下の東京や大阪にしかオフィスを構えていないエージェントと比べて、地方在住者の利用価値は非常に高い。インフラ代を支払っているDODAをここでは認めておきたい。

dodaは登録しないほうがいいのか?ネットで評判が悪い理由

dodaのみに限らずですが、幅広い選択肢、地方在住者でもきめ細かなサービスを受けられる反面、ノルマ意識の高いエージェントに当たってしまうとブラック企業の案件を多く紹介されてしまうリスクはある。

Vorkersなど企業クチコミサイトを見れば、紹介求人の評判は客観的に確認できるので怪しい企業を紹介されたら、面倒がらずに確認しておいたほうがいい。

下記では、可能性として考えられる弱みを列挙していく。

・登録者主導の転職活動
・エージェントのレベルの均一性
・スクリーニングもなく大量の案件を紹介してしまう可能性

案件数が多いからこそ、他のエージェントには集まってこないブラック企業の案件が集まってしまったり、それらをスクリーニングしないで紹介してしまったりするリスクは一定数存在している。ただ、それはどのエージェントについてもリスクとしては同じであり、逆にdodaの場合は、他のエージェントと違って、転職を急かされることもないので、担当エージェントに希望をすり合わせる時間は多い。

また、全国展開している関係上、エージェントの対応レベルはマニュアル化されており、面白みがないと感じる人もいる。ただ、個人プレーで時に適当なアドバイスをしてくる他エージェントと違って、外れエージェントに当たる可能性は低いので、確実に希望求人で内定を取るなら信頼できる。

・スクリーニングもなく大量の案件を紹介してしまう可能性

インテリジェンスは、大量の求人案件を抱えるからこそ、登録者に求人を紹介する際は、エージェント側でスクリーニングを進める必要性がある。その点で、登録者の希望を押さえた求人を紹介する必要性があり、内定獲得までは2~3ヵ月かかると思っていたほうがいい。他のエージェントと違ってエージェントの力量は統一されていて、ブラック企業と思われるような労働環境の悪い案件については、正直に言ってくれたので、年収だけで求人紹介されることはなかった。

・登録者主導の転職活動

他の担当制のエージェントと異なり、担当制は引きつつも求人検索機能もあるインテリジェンス。そのため、自分のペースで求人検索をして、転職活動を進めることもできる。その場合は、もちろん、ブラック企業と言われる企業も検索すると出てきてしまうので、エージェントと相談しながら案件の見極めはしたほうがいい。

・エージェントのレベルにばらつきがある

転職エージェントの要はエージェントの能力。無料キャリア面談で、登録者の希望を効率的に聞き出し、それに沿った求人を的確にスクリーニングして紹介するわけだが、もしもエージェントのレベルが低ければ、正しい案件紹介も、転職サポートも期待できない。

他エージェントではあるような、最悪のケースは、エージェントがノルマに追われていて、ブラック企業と知っていても転職成功件数を増やすために紹介してくる可能性がある、dodaについては、全体的にレベルは安定していて、友達感覚で利用できるエージェントではないが、希望の条件に近い内容で内定獲得はできると感じた。

doda提携エージェントから勝手にメールが来るという苦情

また、すぐにエージェントのオフィスにインタビューしに行くタイプの口コミ比較サイトも、あまり参考にならないと個人的に感じた。

doda利用者の評判で多いのが「リクルートエージェント」と同じように、全体的な対応が機械的だと感じたのがdodaというもの。

特に、企業評価サイト「転職会議」などでも低評価の企業の求人紹介もあったり、下記の点でも不満を感じたなどとあった。

・希望の条件を無視した求人紹介
・求人案件がブラックっぽい?

dodaについては、登録後から一気に大量の求人紹介メールが届くので、とにかく今の職場を退職して転職したい人特化しているエージェントだと感じた。

逆に、そこまで急いでおらず満足いく求人探しをしたい人の場合は、大量のメルマガなど圧倒されて連絡がしつこいと感じる可能性はある。

またdodaではない提携エージェント?から個別に電話連絡が入ったりもする点でも、連絡が多すぎると感じる可能性はあるので、登録時のメール設定などは変更しておくべき。

DODAの登録基準について

とにかく求人紹介までのスピードが早いので、転職活動を一通り体験してみたい人にとっては使えるエージェントではあるdodaですが、登録基準は下記となっている。

・登録者の審査有(大卒以上、一定の職務経験)
・3か月以内に転職できない場合はエージェントサービス終了

これは他のエージェントでの登録にもいえることですが、大卒でも職歴がない場合は審査落ちして転職サービスを受けれない点は同様。

また登録後に3か月以内に転職できないと、求人検索とメルマガ求人紹介以外にはサービス利用ができなくなるので、転職時期を制限されたくないならマイナビエージェントなども利用しておいたほうがいい。

転職するかどうかは求人を見てから決めるのであれば、転職サポート期限は無制限で利用できるマイナビエージェント、今の職場から早めに抜け出して早く転職したいなどならdodaエージェントサービスと使い分けるのが最低限のラインかと思う。

doda運営のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)とリブランディング

doda(デューダ)の運営は現在ではパーソルキャリアに引き継がれていて、旧インテリジェンスからのイメージ払拭に努めている。

旧インテリジェンスは派遣業界に強いイメージと、派遣止めなどニュースでも取り上げられる機会が多く、悪評も出回っていた。

メリットである案件数の多さ、転職者主導のサービス、対応エリアの広さは、逆に働いてしまうとブラック企業の紹介の原因にもなりえるため、今後もパーソルキャリアが上手くブランド価値をコントロールできるかに注目するべきと考えている。

またdodaからdodaへのリブランディングに伴い、2018年10月17日からテレビCMで「デュ-ダ子」のタレントを起用するなど、競合であるIndeedなどで斎藤工を起用したCM展開などを追随した形になっている。

dodaのイメージ戦略としては、以前まではハイキャリア層よりの20代~40代をターゲットにしていたが、現在のマーケットでは転職にそこまで本気ではないソフトな層も取り込みたいという現れだと言える。

dodaについては、内定獲得までは2か月~3か月スパンで、一部では「しつこい」と嫌がられるくらい密度の高い転職サポートが受けられるので、条件の良い求人を見つけたら転職したい人、とりあえず転職活動はどんなものか体験しつつもホワイト企業、ブラック企業ともに自分で見極めながら求人探ししたい人には向いていると感じた。


口コミ評価の高いエージェント1位「マイナビエージェント」

>>マイナビエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.5/5.0 4.2/5.0 4.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント2位「dodaエージェント」

>>dodaエージェントサービス公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.3/5.0 4.1/5.0 4.1/5.0

口コミ評価の高いエージェント3位「Recruit Agent」

>>リクルートエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.8/5.0 3.8/5.0

口コミ評価の高いエージェント4位「JACリクルートメント」

>>JACリクルートメント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.2/5.0 3.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント5位「ワークポート」

>>ワークポート公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
3.2/5.0 3.1/5.0 3.0/5.0

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする