英語を使う海外バイヤー求人に転職した際に私が感じたこと

英語を使う海外バイヤー求人に転職した際に私が感じたこと

私は普通の営業職から、英語を使う海外バイヤーに転職していて、現在は英語を使って海外の取引先との交渉を担当しています。

取引先は「中東」「東南アジア」「アメリカ」まで世界中を相手にしていて、出張はもちろん、色々な形で英語を使いながら仕事ができていて日々成長を実感できています。

ここでは、英語を使う海外バイヤー求人で転職するのに、TOEIC700点程度の英語力で問題なかったか「どうやって英語を使う仕事に転職できたのか」を中心に、私の経験をまとめてみました。

バイヤー求人の多かったエージェントについて

英語ビジネス研修を用意してくれている企業も多いので、海外バイヤー求人は最近かなり増えていると感じています。

特に、そうしたバイヤー求人を多く紹介があったのが私が利用したDODAで、海外出張の多い仕事から、取引先と英語を使う仕事など、優先的に紹介してくれました。


>>DODAエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

海外バイヤーというと希少な職という印象ですが、DODAでは実際には数も多く、選べる企業の種類も比較的多いと感じました。

「経歴書でのアピール方法」「面接対策」も徹底してくれたことも、英語ネイティブでなくても上手く希望の企業で内定を取れたと感じています。

英語を使えるバイヤー求人に転職するのにTOEICは必要なのか?

現在は、商社で英語を使った営業サポートの業務を担当している私ですが、以前までは普通の日本の会社で営業職をしていました。

そこから元々大学の時に取得していたTOEIC700点を活かして、英語を使える求人に転職できないか模索したところ、下記の業界の求人が見つかりました。

・商社(バイヤー)
・英会話教師

英会話教師については、TOEIC700点だと低すぎて、実際の教師としての採用はないのですが、事務などの求人だと若干有利になる感じでした。

一方でバイヤーの求人であれば、英語力については転職後に英語研修を用意してくれていて、会社によってはアメリカ、オーストラリア、フィリピンでの英語研修を会社負担で行かせてくれる制度がありました。

英語を使う求人でバイヤーを選んだ理由

昔の職場は国内部署だったので、取引先は完全にドメスティックで英語を使う機会などは全くなく、仕事で英語を使える職場への憧れを日に日に強めていました。

転職サイトに登録すると、英語を使える求人としては「飲食」「バイヤー」「英会話学校」等の仕事があったのですが、私はバイヤーを選びました。

バイヤーを選んだ理由としては、一番給料水準が高いだけでなく、英語研修などが充実していたためと、将来的に駐在などの可能性もあったからです。

ただ、周囲からは第2新卒で英語を使った経験もないのに、転職できるわけがないなどと言われ続けましたが、実際に求人探しを進めてみると、英語を使える第2新卒求人募集は意外と多かったです。

実際にいくつかの企業との面接で聞いた中だと、下記のような理由から英語を使う仕事で第2新卒の需要は大きいようです。

・社内に英語が使える人材が少ない
・英語を使える新卒は獲得が難しい

要約すると海外クライアントを持っている企業は多いものの、社内にそれを効率的にさばける人材は少なく、長期的な視点では新卒を採用するが、帰国子女など退職率が高く、また企業間でも獲得が熾烈なため、第2新卒で英語をある程度使えそうな人材を獲得するのが最も効率がいいそうです。

バイヤーではどの程度の英会話能力が求められるか?

以前から英語を勉強していて(自分でTOEICを受験したりしていた=TOEIC740点)、いつか英語を生かした仕事がしたいと思っていましたが、バイヤーではTOEIC700~800前後あれば教育可能と判断されます。

下記のプロフィールの通り、私は長期的に留学にも行ったことがないのですが十分でした。

・大学は文学部
・英語圏への留学はなし
・英語は日本で全て独学
・資格はなし
・20代

比較的、特徴のないプロフィールだと思います。ただ、自分では海外ドラマを見たりするのが趣味で、最新作を英語で見るのが好きで、英語を勉強するようになりました。そのため、TOEICも740点を取得することができ履歴書にも書いています。

最近だとバイヤーというと、BUYMAなどの海外ECサイトでフリーでもできるのではなどと言われますが、BUYMAなどのバイヤーは個人であり、さらに関税など上手く逃れている部分もあるため、ビジネス的にどうなんだろうと現役バイヤーの私は思います。

特に高級ブランドなどを海外のオフィシャルショップで買い付けして、日本に発送するだけの仕事になってくると、単純に現地ではパスポート提示で消費税を回避していたりして、それはビジネス的に継続性がないのではと思います。

転職というと、少し躊躇する人は多いのではないでしょうか。私もそうで新しい環境の職場に馴染めるのか心配でした。

しかし、いままで英語を勉強してきたのに、それを生かして仕事をしないのは勿体ないし、自分の人生好きなように生きたほうが良いと思い、とりあえず転職活動をしてみようと思ったのです。別に会社を辞めないでも、転職活動することはできますし、ダメなら今の職場で働き続ければよいと考えてのことです。

転職先への希望としては、せっかく転職活動をするならしっかりとまとめておこうと思い、いくつかピックアップしていました。

・英語で海外の取引先とやり取りする
・海外出張が月1回ある
・日本の企業だけど外資っぽい社風で休みが取りやすい

少し贅沢かもしれませんが、自分としては上記のような職場に勤めてみたいと言うのがありました。英語での商談なども慣れてきたら、海外勤務も挑戦してみたいと思ったので、海外に支社があればなおさら良いと考えました。しかし、ここまで色々と考えてきたものの実際にそんな転職先はあるのか、その時はよく分かりませんでした。

英語を使える職場に転職するために何をしたのか

条件を満たす企業が本当にあるのかどうかは、その時点ではわからなかったのですが、恐らく転職エージェントに相談してみれば、あるのかないのかは分かるだろうと思い、英語を使える人材を多くリクルートしている転職エージェントを探しました。特にTOEICで英語を使える人材との差別化をしてくれるエージェントがあればよいと思い、探しているとリクルートエージェントが700点以上の候補者に英語を使う職場の求人紹介を多くしていることが分かりました。

なぜリクルートエージェントをピックアップしたのか
・TOEIC700点以上で優遇あり
・業界で一番大きいエージェント
・電話でも相談できる

リクルートエージェントでは、上記のように私にとっては都合のよい条件が集まっていました。

・TOEIC700点以上で優遇あり

ちょうど私は740点だったので、リクルートエージェントには英語を使える人材として優遇してもらえることが分かりました。

他のエージェントでも英語については、TOEICなどのスコアを参考にするなどありましたが、そこまで重視されている印象はなく、普通に印刷機器の導入営業など、絶対に英語は使わないであろう求人の紹介もありました。

最近はそうした前衛の会社は、飛び込み営業などでも外国人の登用を始めているそうですが、職場の同僚と英語で話しても、経験値になるわけでもなく、今後のキャリアに役に立たないので、そうした求人を紹介された場合は丁重に断りました。

・業界で一番大きいエージェント

企業とのコネクションが広いため、英語を使う職場を紹介して貰える可能性が高いと思いました。

中規模のあまり知られていないエージェントの場合は、担当者でTOEICを知らない人はいませんでしたが、殆ど活かせる場面を思い浮かべることができず、求人提案への反映もありませんでした。

聞いてもTOEIC500点程度あれば、評価されるのではななどと無責任な回答もあったので、敢えて中規模エージェントで一芸のある登録者が少ないところは利用しなくていいと思います。

・電話でも相談できる

他のエージェントは直接オフィスに行って相談する選択肢しかなかったのですが、初回からリクエーは電話でも担当エージェントに相談することができてオフィスに出向かなくても、転職活動を進めることができるのか結構魅力的でした。

また、大手エージェントということもあり、慣れているエージェントが多いだろうと思い(これは実際本当で女性の担当が多い20代後半の若手の男性担当者を付けてもらいました、担当エージェント自身も英語を使える)登録しましたが、これも正解でした。

TOEICの場合は、評価して貰えるのか事前に担当者とすり合わせをしておこないと、求人紹介で英語を使ったり、出張の多い仕事の紹介があるのか事前に分かりませんので、電話で相談できるところと話を進めたほうがいいです。

海外バイヤーの求人の多かった転職エージェントについて

海外バイヤー求人探しで紹介の多かったエージェントですが、下記の点も考慮して利用エージェントは選びました。

・履歴書の作成はサポートしてもらえるのか?
・電話でのエージェントへの相談は十分だった?
・海外バイヤー案件は豊富だったのか?

電話での初回面談時(30分程度)に履歴書はざっくり書けたら、全部添削しますので、と言ってもらえた。適当に書きなぐった程度の履歴書だったが、提出できる体裁に整えてもらえた。

直接オフィスに行くのが億劫だったため、電話面談にしてもらったが、問題なく相談に乗ってもらえましたし、バイヤー案件もその場で何件か求人を紹介して貰えた。

初回は勿論、その後も20社くらい紹介して貰えた。担当も丁寧で一つ一つの職場の特徴をメールで送ってくれた。

上記のように、履歴書の登録なしでも、TOEIC700以上は優先的に良い求人を見せて貰えると聞いて、リクルートエージェントに興味本位で登録してみたわけですが、案件の質も高く、リクルートエージェントで最終的に内定を貰える企業を紹介して貰えました。

決め手としては、登録後の履歴書サポート、電話面談、志望動機添削が大きく役に立ちましたし、同時に海外バイヤー求人への理解も高まったと感じました。

そこで、最後に、DODA、リクルートエージェント含めて私が登録したエージェントの評価を掲載しておきます。

・DODA
英語優遇〇
サポート〇
案件数〇

・リクルートエージェント
英語優遇△
サポート△
案件数△

登録しなくてもOKなのはパソナ、ワークポートなどでした。

やはり英語力を生かして、転職するのであれば、TOEIC700点以上を優遇してくれるDODA、リクルートエージェントに登録するべきだと言えます。他の2社については、登録後にオフィスでの面談が前提で話が進められたり、レスポンスが遅かったり、比較すると若干劣るサービスの質だと感じました。やはり電話で少し話すだけで、非公開求人をたくさん紹介してくれるところで進めるのが一番手軽で確実だと思いました。

バイヤー求人で避けるべき業界について

最後になりますが、海外バイヤーなど買い付けの仕事をするのに避けるべき業界について、私の考えをまとめておきます。

英語を使う職場というと、外資系企業はどうかという話になりがちですが、海外バイヤー求人では外資系企業は避けるべきで、理由としては殆ど研修がないためです。

・外資系だと英語力より日本語ができる点を評価される
・研修がない

英語を使う職場というのは基本的に、海外企業を相手にするビジネス展開している企業で、海外支社のビジネスに絡める求人ということになります。

その点で言うと、日系企業のバイヤーのほうが研修制度が充実していますし、英語を使うこと能力は期待されない外資よりも、日系企業で海外ビジネスを展開している企業求人で転職してしまったほうがいいです。

さらに英語研修なども外資だと絶対にないのですが、日系ならその点も豊富なHRコストを利用させてもらえるので、圧倒的に有利です。

口コミ評価の高いエージェント1位「マイナビエージェント」

>>マイナビエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.5/5.0 4.2/5.0 4.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント2位「DODAエージェント」

>>DODAエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.3/5.0 4.1/5.0 4.1/5.0

口コミ評価の高いエージェント3位「リクルートエージェント」

>>リクルートエージェント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.8/5.0 3.8/5.0

口コミ評価の高いエージェント4位「JACリクルートメント」

>>JACリクルートメント公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
4.0/5.0 3.2/5.0 3.3/5.0

口コミ評価の高いエージェント5位「ワークポート」

>>ワークポート公式サイト(登録1分、履歴書不要)

求人の質 書類・ 面接対策 連絡対応
3.2/5.0 3.1/5.0 3.0/5.0

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする